連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュするときもあれば歩くときもあるといった運動を繰り返すことを間欠的持久力といいます。

この2つは持久的な運動負荷のかかり方について違いがあるわけですが、乳酸代謝についても違いがあります。

乳酸とは、エネルギー代謝の中間産物で、疲労を誘発する原因の1つとされています。
ある一定の強度を超える子と、筋肉で多量に生成されて濃度があがります。
この乳酸濃度が急激に上がる運動を、「乳酸性閾値」といい、運動の持続とともに乳酸が増え続ける強度を「乳酸蓄積開始点」といいます。
長距離走では、「乳酸蓄積開始点」を超えてしまうと運動が継続できなくなるため、その手前の強度で運動を続けます。

これに対し、間欠的持久運動では、高強度運動時に乳酸蓄積開始点をはるかに超えてしまうため乳酸濃度はあがります。
そして低強度運動時に乳酸エネルギーを利用し濃度を下げるのです。


多くのスポーツでは、間欠的な運動がほとんどです。
この間欠的な持久力を上げるためには間欠的な運動を行うことが効果的です。

たとえば50メートルくらいを全力でダッシュして30秒休憩した後、また全力ダッシュするといったインターバルトレーニングがお勧めです。

筋肉の中で酸素をつかってエネルギー反応を行うミトコンドリアの容量を増やすためにはトレーニングの強度に依存します。
このトレーニングはボリュームよりも強度が大切で、だらだらと長く走るよりも、どれだけ高強度に行いしっかり追い込めるのかという量よりも質が大切なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  2. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  3. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
  4. 2015-12-18

    夢の中での出来事

    成人の場合、レム睡眠は総睡眠時間のうち約25%を占めます。実は毎晩約2時間も鮮明な夢をみてい…
  5. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
ページ上部へ戻る