スタミナを上げる持久力トレーニング

持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょうか。

これに効果的なのが、心拍数が大きく上がるようなエネルギー消費の大きな運動を連続して行うことが効果的です。
これは、心肺機能に強いストレスをかけて運動を行うことで持久力を向上させる適応を起こすためです。

一般的に持久力アップのトレーニングとして走るという動作が行われます。
走ることによって下半身の大きな筋肉を中心に腕体幹を含め全身のたくさんの筋肉をつかう動作になるためです。
それだけエネルギー消費が大きくなり、持久的機能に強いストレスを与えることが出来るのです。


持久力といっても、一定の強度の運動を続ける運動とスポーツ競技では違います。

一定の強度を続ける持久力は、「連続的持久運動」。
サッカーなどで使う持久力は、「間欠的持久運動」といいます。

例えば、サッカーでは猛烈なダッシュや激しいコンタクトプレーなど高強度の運動とジョギングや歩くといったものの組み合わせです。
多くの競技の場合、一定の速さで長く走るというものは少ないと思います。

つまり、長距離走とは持久的な運動負荷のかかり方が違うわけです。

ですから、トレーニングのやり方としては、スポーツ特性に合わせてインターバル走を行うなど工夫することが大切です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  2. 2014-10-3

    「NO pain no gain」痛みの考え方

    『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  3. 2016-1-23

    アクティブタッチとは

    私たちは、そこにあるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触ることで判断して…
  4. 2016-2-21

    ジュニア期での運動パターンの獲得

    人間は、80を超える基礎的運動パターンをもっています。この基礎的運動パターンを6~7歳頃までに習…
  5. 2015-1-15

    相撲における『股割り』『腰割り』の重要性

    相撲での柔軟性というと、180度脚を広げて胸を地面につける「股割り」が真っ先に思い浮かぶ、それは、相…
ページ上部へ戻る