慢性労作性コンパートメント症候群

コンパートメント症候群とは、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋や神経の虚血を引き起こす病態です。

これにそれぞれ急性と慢性のコンパートメント症候群が存在します。

急性のコンパートメント症候群は、外傷による脛骨骨折に合併して起こることが多いですが、挫滅損傷、熱傷、薬物の過量投与、運動などによって起こることがあります。

運動に起因するものでは、急性コンパートメント症候群はコンディションの悪い選手が、運動をやりすぎることによって起こることが多いですが、もともと慢性的なコンパートメント症候群を有する選手がより強い強度でより長い時間運動した際にも起こります。

慢性のコンパートメント症候群は、慢性労作性コンパートメント症候群といい、この原因はいまだはっきりしていません。

コンパートメント症候群の特徴であるコンパートメント内の異常な圧上昇が起こる原因は、運動によって起こる筋肥大、筋膜肥厚によるその硬化と弾力性低下、遠心性収縮により筋線維がダメージを受け、その結果タンパク結合イオンが放出され、コンパートメント内の浸透圧が上昇することによるとされます。

コンパートメント内の圧上昇により虚血が起こる原因は、浸透圧の上昇により毛細血管の拡張期圧が上昇し血流が減少すること、動脈の攣縮により動脈血流が減少すること、壁内外圧差による動脈または静脈の虚脱によるとされます。

運動により高確率に誘発される疼痛、鋭利な痛み、鈍痛、つっぱり感であり、これらは30分以内の休息で軽快します。

症状はおおよそ両側であり、ランニングや運動強度の高いスポーツの繰り返しによって起こりやすいとされています。

通常は30歳未満の若い選手に発生します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-5-17

    呼吸の機能と呼吸機能不全

    呼吸は生きるために一定のリズムを繰り返して行われるもので、その機能は脳幹の延髄で制御されています。…
  2. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  3. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  4. 2014-12-12

    タバコによるダメージ

    タバコの煙は、粘膜を直接に刺激するだけでなく、唾液に溶けて飲み込まれ、また血液中に吸収されて全身をめ…
  5. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
ページ上部へ戻る