筋肉を肥大させるストレス

私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。
例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると寒さに強くなりますが、これは寒さに対するストレスの適用反応の1つです。

トレーニングも同じように肉体にストレスを与えることで、そのストレスに対する適用反応として筋肉が大きくなったり、持久力が上がったり、柔軟性が増したりします。

トレーニングによって筋肉が肥大するとスピードやパワー向上につながるのですが、この筋肥大のためのストレスとしてよく知られているのが、筋肉に強い負荷をかけることで起こる「筋損傷」です。
トレーニングによってストレスをうけた筋肉が筋損傷を起こし、そこからの超回復することによって筋肥大するというものですが、筋損傷だけが筋肥大を誘発するわけではありません。


筋肥大を促す2つのストレス


1つ目は「物理的ストレス」です。
筋トレで筋肉に大きな力をかけることで筋肉に微細な損傷を起こさせます。
バーベルを持ち上げるトレーニングの中では、筋肉の微細な損傷はバーベルを下ろす動作によってより強く引き起こされることが分かっています。

2つ目は「科学的ストレス」です。
これは筋肉に乳酸などをたくさん蓄積させることにより、筋肉内の環境を科学的に過酷な状態にするというストレスです。
乳酸などの代謝物が蓄積すると、浸透圧の調整のための筋肉は一時的に水ぶくれを起こします。
この水ぶくれで筋肉がはれ上がることをパンプアップといいます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
  2. 2015-1-10

    3つの動きが生み出す可能性

    今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと…
  3. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
  4. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  5. 2016-12-19

    ピリオダイゼーション

    スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニング…
ページ上部へ戻る