ピラミッド法について

トレーニングのセット法には色々な方法があります。

ピラミッド法はその中でもポプュラーな方法方法の一つです。

徐々に重量を上げながら反復回数をを減らしてセットを進め、頂点の重量のセット後は、重量を下げながら反復回数を増やして追い込んでいきます。

重量を上げていき下げていく三角形の形からピラミッド法と言います。

ピラミッド法の特徴として徐々に負荷を上げることでその種目の力発揮の仕方に身体を慣らしながらセットを進められるので高重量での挙上をしやすくなることと、高重量低回数で筋肉に強い負荷を加える事と、中重量中回数で筋肉を追い込んで強くパンプさせる2つの刺激を与えられる事ができる事が上げられます。

スクワットやベンチプレスのような多関節動作を行う動作のコーディネーション能力を必要とする種目では、1番目の特徴が有効に働きやすいため、ピラミッド法の採用に適していると考えられます。

特にトレーニング動作がまだあまり上手でない初級者のスクワット・ベンチプレスにピラミッド法の導入は適していると言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  3. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  4. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
  5. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
ページ上部へ戻る