ピラミッド法について

トレーニングのセット法には色々な方法があります。

ピラミッド法はその中でもポプュラーな方法方法の一つです。

徐々に重量を上げながら反復回数をを減らしてセットを進め、頂点の重量のセット後は、重量を下げながら反復回数を増やして追い込んでいきます。

重量を上げていき下げていく三角形の形からピラミッド法と言います。

ピラミッド法の特徴として徐々に負荷を上げることでその種目の力発揮の仕方に身体を慣らしながらセットを進められるので高重量での挙上をしやすくなることと、高重量低回数で筋肉に強い負荷を加える事と、中重量中回数で筋肉を追い込んで強くパンプさせる2つの刺激を与えられる事ができる事が上げられます。

スクワットやベンチプレスのような多関節動作を行う動作のコーディネーション能力を必要とする種目では、1番目の特徴が有効に働きやすいため、ピラミッド法の採用に適していると考えられます。

特にトレーニング動作がまだあまり上手でない初級者のスクワット・ベンチプレスにピラミッド法の導入は適していると言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  2. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  3. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  4. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  5. 2015-6-7

    カルノシンやアンセリンの緩衝作用で筋疲労軽減を

    カルノシンやアンセリンなどのイミダゾールジペプチドは、動物の脳、心臓、肝臓、腎臓、神経系や骨格筋中に…
ページ上部へ戻る