運動と骨密度

ヒトでは、体重の2倍より大きい地面反力を生じるインパクトの高い運動のほうが、インパクトの低い運動より骨形成を活発にします。

筋量と筋力は骨密度と関連があるため、骨格の健全性のため、ウェイトトレーニングが推奨されています。

加齢による筋量の減少、筋力の低下は明らかですが、体の弱い高齢者でさえ漸進的なウェイトトレーニングによって筋力を大きく増加させることができます。

高強度低回数のトレーニングは低強度高回数のトレーニングに比べてより骨増強に有意であるとされており、例えばウォーキングでは、骨密度に対する有意な効果はあまり示されていません。

また、サイクリングや水泳などの体重負荷のない運動は、筋力が増大するにも関わらず骨順応を刺激しないと言われています。

骨格の最大限の効果を与えるのに適切な運動量は、いまだに分かっていないため、高齢者あるいは長期臥床をとった人に対して運動を取り入れる場合、強度設定には注意をしておかなければなりません。

運動は1週間に2〜3回行うことが必要で、有酸素運動については、15〜60分間続けます。

健康な成人であれば、機能的限界の70〜80%の強度で、機能的限界の低い人であれば、40〜60%が好ましいとされています。

ウェイトトレーニングでは、1RM40〜60%の強度で8〜10回を1セットとして行います。

熟練されれば高齢者であっても80%まで増やすことができると言われています。

運動量は断続的に増やすことが必要であり、運動時間を伸ばすよりも、強度や体重負荷を増大させたほうがより効果的であるとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
  2. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
  3. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  4. 2017-3-19

    ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な…
  5. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
ページ上部へ戻る