競技力アップのための「専門スキル」

いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつかったバネのある動き」です。

このスキルは、すべての競技スキルのベースとなるのですが、実際に競技動作そのものの巧さを向上させるためには専門スキルを身につけなくてはなりません。
この専門スキルを身につけるためには、その競技の練習を行うのが一番です。
そして、練習の中でその競技動作の「コツ」を押さえることがスキル獲得の近道になります。

このスキルアップに欠かせないのが小脳の働きになります。


小脳の運動指令の書き換えで正しい動作を


その競技の練習を行うと競技が巧くなるというメカニズムの1つといて考えられているものに「小脳の働き」があります。

繰り返し練習すると、小脳において運動学習がおこります。

練習で実際に行った動作が自分のやりたい動作と違ったとします。

すると動作を行ったときに小脳内の運動指令のネットワークに抑制がかかります。
その結果、巧く運動できなかった動作の運動指令の回路がやがて働かなくなり次第に自分のやりたい動作が出来るようになるのです。
繰り返し練習し、それによって学習し、理想的な動きを起こす運動回路が残っていくのです。
このような小脳の運動学習を「長期抑制」といいます。

「うまくいった」「ここがうまくいかなかったから次は気をつけよう」という結果を意識してしっかりフィードバックし繰り返し練習することがスキルアップには大切なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-21

    がんと運動効果

    今日は、「ガンと運動について」です。「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン…
  2. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  3. 2017-4-21

    クールダウンで体全体の負担を減らす

    筋トレを行いそのままクールダウンをせずに終わっていませんか?筋トレ終了後のクールダウンは大切…
  4. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  5. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
ページ上部へ戻る