全面性の原則

あらゆる競技の基盤となる全ての体力要素を全体的に高めるトレーニングを行うことを全面性の原則といいます。

筋力トレーニングを行う場合も、腕や胸などの目に見えるところばかりでなく、全身まんべんなくトレーニングをしたいものです。

アームカールやベンチプレスしかしない人を時々見かけますが、バランスの悪い身体は見た目もカッコよくないし、姿勢の崩れなどにより不調を起こす可能性もあります。

競技のパフォーマンスを上げる目的の場合は、競技の種目特性によって重要となる部位が異なってきますので、鍛えるべき場所の優先度は競技毎に異なります。

競技に合わせた特異性の原則にのっとったメニューが必要になります。

ただし、ほとんど全てのスポーツ競技は全身を使うので、競技力向上のためには、全面性の原則に従った全身を鍛えるトレーニングが必要になります。

競技別のトレーニングメニューということが言われますが、基本はどの競技種目も全面性の原則に沿って競技の特性に合わせたアレンジを競技毎に加えていくわけです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  2. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  3. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  4. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  5. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
ページ上部へ戻る