全面性の原則

あらゆる競技の基盤となる全ての体力要素を全体的に高めるトレーニングを行うことを全面性の原則といいます。

筋力トレーニングを行う場合も、腕や胸などの目に見えるところばかりでなく、全身まんべんなくトレーニングをしたいものです。

アームカールやベンチプレスしかしない人を時々見かけますが、バランスの悪い身体は見た目もカッコよくないし、姿勢の崩れなどにより不調を起こす可能性もあります。

競技のパフォーマンスを上げる目的の場合は、競技の種目特性によって重要となる部位が異なってきますので、鍛えるべき場所の優先度は競技毎に異なります。

競技に合わせた特異性の原則にのっとったメニューが必要になります。

ただし、ほとんど全てのスポーツ競技は全身を使うので、競技力向上のためには、全面性の原則に従った全身を鍛えるトレーニングが必要になります。

競技別のトレーニングメニューということが言われますが、基本はどの競技種目も全面性の原則に沿って競技の特性に合わせたアレンジを競技毎に加えていくわけです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  2. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  3. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  4. 2015-6-19

    Gate Control Theory

    Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発…
  5. 2015-5-13

    考え事と首のひねりの関係

    ヒトの大脳の左右の半球はそれぞれ右脳と左脳とよばれ、右半球は音楽、イメージ、経験、直感的な認識、いわ…
ページ上部へ戻る