パフォーマンスを決める2つの要素

高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。
1つ目は、筋力や持久力、柔軟性などからなるフィジカル。
2つ目は、技術や巧さからなるスキルです。

1つ目のフィジカルの要素として真っ先に挙げられるのが筋力です。
その筋力を持続させる能力である持久力、関節運動をする際に大切になる柔軟性も大切な要素として挙げられます。
まずはスポーツを行うにあたって身体がしっかりと動くのかということが高いパフォーマンスを実現するためには大切です。

このしっかりと身体が動かせるといった「フィジカル」と、競技種目の「スキル」との掛け算で競技パフォーマンスが決まります。

そのため、日々の練習で技術のみ磨いても、競技を行うための筋力がなかったり、一試合もつ持久力がなかったり、身体が硬く可動域が狭いという問題があると高いパフォーマンスにはつながりません。

その為、トレーニングが大切になるのです。

しかし、筋トレでつけた筋肉はスポーツに使えないといわれることがあります。
それは間違いなのですが、こう言われるのはスキルの違いにあると思います。

筋トレでは、筋肉を肥大させるために反動をつかわず負荷をかけ、強く大きくします。
しかし、競技においてはいかに身体の反動を使うかということが大切になってきます。

使える筋肉と使えない筋肉の違いとして、この筋肉を操るスキルの違い「脳・神経系の能力」の違いで決まるのです。

そのため、筋肉を上手く使えるようにする反動を使ったトレーニングも必要になるのです。
そのトレーニングとして、スクワットジャンプなどが代表的なものとして挙げられますが、こういったスキルを身につけておけば専門的なスキルも向上させやすくなるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  2. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  3. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  4. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  5. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
ページ上部へ戻る