パフォーマンスを決める2つの要素

高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。
1つ目は、筋力や持久力、柔軟性などからなるフィジカル。
2つ目は、技術や巧さからなるスキルです。

1つ目のフィジカルの要素として真っ先に挙げられるのが筋力です。
その筋力を持続させる能力である持久力、関節運動をする際に大切になる柔軟性も大切な要素として挙げられます。
まずはスポーツを行うにあたって身体がしっかりと動くのかということが高いパフォーマンスを実現するためには大切です。

このしっかりと身体が動かせるといった「フィジカル」と、競技種目の「スキル」との掛け算で競技パフォーマンスが決まります。

そのため、日々の練習で技術のみ磨いても、競技を行うための筋力がなかったり、一試合もつ持久力がなかったり、身体が硬く可動域が狭いという問題があると高いパフォーマンスにはつながりません。

その為、トレーニングが大切になるのです。

しかし、筋トレでつけた筋肉はスポーツに使えないといわれることがあります。
それは間違いなのですが、こう言われるのはスキルの違いにあると思います。

筋トレでは、筋肉を肥大させるために反動をつかわず負荷をかけ、強く大きくします。
しかし、競技においてはいかに身体の反動を使うかということが大切になってきます。

使える筋肉と使えない筋肉の違いとして、この筋肉を操るスキルの違い「脳・神経系の能力」の違いで決まるのです。

そのため、筋肉を上手く使えるようにする反動を使ったトレーニングも必要になるのです。
そのトレーニングとして、スクワットジャンプなどが代表的なものとして挙げられますが、こういったスキルを身につけておけば専門的なスキルも向上させやすくなるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    PC症候群

    通常、腰椎は軽く前弯している。この腰椎前弯には、骨盤傾斜が深く関係している。骨盤…
  2. 2015-6-1

    この時期から暑熱馴化を

    最近は日差しも強くなり、だんだんと暑くなってきました暑くなってくると冷房をつけて暑さを回避し…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  5. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
ページ上部へ戻る