筋力の増加でスピードを上げる

筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもたれる人もいるでしょう。

結論から言えば、筋肉が太くなって筋力が上がれば、スピードも上がります。
これは、相対負荷が小さいほど大きな速度を発揮できるという事からいえます。

例えば、ベンチプレスをMAXで60キロ上げる人が50キロのバーベルを持ち上げると相対負荷はMAXの約80%となります。
ベンチプレスのMAX100キロの人が同じく50キロのバーベルを持ち上げると相対負荷はMAXの50%となり、どちらがバーベルを早く持ち上げられるかというとMAX100キロのバーベルを持ち上げられる人の方が60キロがMAXの人よりも早く持ち上げられるのです。

また、スピードを生み出すためには、加速が必要になりますが加速度は力に比例します。
そのため、筋力の増加はスピードにつながるのです。

スピードを競う競技として代表的な100メートル走ですが、決勝に残る有力選手達はみんな巨大な筋肉をまとっています。


筋力アップは競技のパフォーマンスも上げる


筋肉が太くなると、力と速度の掛け算で生み出される「パワー」も向上します。

パワーとは、単位時間あたりに生み出されるエネルギー量のことです。

筋力が大きなパワーを発揮して、多くのエネルギーを出す事が出来たら競技パフォーマンスも上がります。
例えば、地面を蹴るパワーが上がれば、運動エネルギーが増え走行速度も上がります。

もちろん、スキルも必要ですが筋肉の基本的な能力を上げるうえで筋肥大は必要なのです。


このように競技のパフォーマンスを向上させるために筋肉を強くすることは重要になってくるのですが、競技によっては筋肉をつけすぎるとよくない競技もあります。

それは、卓球などの軽いラケットをふる競技です。
それは、スイングするために腕にかかる負荷のほとんどが自分の腕の重さになります。
そのため、筋肉を大きくしすぎてしまうと、負荷も増えてしまうことになるのです。

自分の行っている競技にはどのような筋肉をつければよいのか考えながらトレーニングしていきたいですね。

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-25

    土踏まずの役割

    ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。ヒトの足のアートは、踵骨と…
  2. 2015-2-27

    プレ・パフォーマンス・ルーティンとフォーカルポイント

    スポーツの世界ではよく「集中力」という言葉を耳にします。「集中力が足りないから負けた」、「集…
  3. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  4. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  5. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
ページ上部へ戻る