筋力の増加でスピードを上げる

筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもたれる人もいるでしょう。

結論から言えば、筋肉が太くなって筋力が上がれば、スピードも上がります。
これは、相対負荷が小さいほど大きな速度を発揮できるという事からいえます。

例えば、ベンチプレスをMAXで60キロ上げる人が50キロのバーベルを持ち上げると相対負荷はMAXの約80%となります。
ベンチプレスのMAX100キロの人が同じく50キロのバーベルを持ち上げると相対負荷はMAXの50%となり、どちらがバーベルを早く持ち上げられるかというとMAX100キロのバーベルを持ち上げられる人の方が60キロがMAXの人よりも早く持ち上げられるのです。

また、スピードを生み出すためには、加速が必要になりますが加速度は力に比例します。
そのため、筋力の増加はスピードにつながるのです。

スピードを競う競技として代表的な100メートル走ですが、決勝に残る有力選手達はみんな巨大な筋肉をまとっています。


筋力アップは競技のパフォーマンスも上げる


筋肉が太くなると、力と速度の掛け算で生み出される「パワー」も向上します。

パワーとは、単位時間あたりに生み出されるエネルギー量のことです。

筋力が大きなパワーを発揮して、多くのエネルギーを出す事が出来たら競技パフォーマンスも上がります。
例えば、地面を蹴るパワーが上がれば、運動エネルギーが増え走行速度も上がります。

もちろん、スキルも必要ですが筋肉の基本的な能力を上げるうえで筋肥大は必要なのです。


このように競技のパフォーマンスを向上させるために筋肉を強くすることは重要になってくるのですが、競技によっては筋肉をつけすぎるとよくない競技もあります。

それは、卓球などの軽いラケットをふる競技です。
それは、スイングするために腕にかかる負荷のほとんどが自分の腕の重さになります。
そのため、筋肉を大きくしすぎてしまうと、負荷も増えてしまうことになるのです。

自分の行っている競技にはどのような筋肉をつければよいのか考えながらトレーニングしていきたいですね。

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  2. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  3. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  4. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  5. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
ページ上部へ戻る