特異性の原理

運動・トレーニングの効果はそのトレーニング刺激に対して特異的に大きな効果が表れます。

ですから、トレーニングを行うときは目的に応じた内容で行うべきだということになり、これを特異性の原理と言います。

筋力トレーニングの場合では、行ったトレーニングの動作での筋力増強の効果がより高くなります。

例えばスクワットのトレーニングを行なった場合とレッグエクステンションを行なった場合とでは、スクワットの記録はスクワットを行なった方が、レッグエクステンションの記録はレッグエクステンションを行なった方がよく伸びます。

それぞれの動作種目に応じた筋力発揮のコーディネーションの仕方があるからです。

ですから、競技動作での筋力を高めたい場合は競技動作に近い形のトレーニング種目を優先して選択をするといいでしょう。

しかしながら、特異性の原理を極端に捉えて筋力トレーニングの本来の目的を忘れてしまってはいけません。

例えば、ピッチングでの筋力を鍛えようとピッチング動作をケーブルやチューブを引きながら行うような方法は勧められません。

このような不安定の姿勢で動作するトレーニングでは筋肉に大きな負荷をかけにくく、筋力トレーニングの本来の目的である筋力増強・筋肥大の効果があまり期待できず、体勢に無理があり、肘を痛めたりします。

トレーニング種目の選択は関節動作の安定した状態で行うべきです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
  2. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  3. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  4. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  5. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
ページ上部へ戻る