特異性の原理

運動・トレーニングの効果はそのトレーニング刺激に対して特異的に大きな効果が表れます。

ですから、トレーニングを行うときは目的に応じた内容で行うべきだということになり、これを特異性の原理と言います。

筋力トレーニングの場合では、行ったトレーニングの動作での筋力増強の効果がより高くなります。

例えばスクワットのトレーニングを行なった場合とレッグエクステンションを行なった場合とでは、スクワットの記録はスクワットを行なった方が、レッグエクステンションの記録はレッグエクステンションを行なった方がよく伸びます。

それぞれの動作種目に応じた筋力発揮のコーディネーションの仕方があるからです。

ですから、競技動作での筋力を高めたい場合は競技動作に近い形のトレーニング種目を優先して選択をするといいでしょう。

しかしながら、特異性の原理を極端に捉えて筋力トレーニングの本来の目的を忘れてしまってはいけません。

例えば、ピッチングでの筋力を鍛えようとピッチング動作をケーブルやチューブを引きながら行うような方法は勧められません。

このような不安定の姿勢で動作するトレーニングでは筋肉に大きな負荷をかけにくく、筋力トレーニングの本来の目的である筋力増強・筋肥大の効果があまり期待できず、体勢に無理があり、肘を痛めたりします。

トレーニング種目の選択は関節動作の安定した状態で行うべきです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  2. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  3. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  4. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  5. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
ページ上部へ戻る