特異性の原理

運動・トレーニングの効果はそのトレーニング刺激に対して特異的に大きな効果が表れます。

ですから、トレーニングを行うときは目的に応じた内容で行うべきだということになり、これを特異性の原理と言います。

筋力トレーニングの場合では、行ったトレーニングの動作での筋力増強の効果がより高くなります。

例えばスクワットのトレーニングを行なった場合とレッグエクステンションを行なった場合とでは、スクワットの記録はスクワットを行なった方が、レッグエクステンションの記録はレッグエクステンションを行なった方がよく伸びます。

それぞれの動作種目に応じた筋力発揮のコーディネーションの仕方があるからです。

ですから、競技動作での筋力を高めたい場合は競技動作に近い形のトレーニング種目を優先して選択をするといいでしょう。

しかしながら、特異性の原理を極端に捉えて筋力トレーニングの本来の目的を忘れてしまってはいけません。

例えば、ピッチングでの筋力を鍛えようとピッチング動作をケーブルやチューブを引きながら行うような方法は勧められません。

このような不安定の姿勢で動作するトレーニングでは筋肉に大きな負荷をかけにくく、筋力トレーニングの本来の目的である筋力増強・筋肥大の効果があまり期待できず、体勢に無理があり、肘を痛めたりします。

トレーニング種目の選択は関節動作の安定した状態で行うべきです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  2. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
  3. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  4. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
  5. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
ページ上部へ戻る