特異性の原理

運動・トレーニングの効果はそのトレーニング刺激に対して特異的に大きな効果が表れます。

ですから、トレーニングを行うときは目的に応じた内容で行うべきだということになり、これを特異性の原理と言います。

筋力トレーニングの場合では、行ったトレーニングの動作での筋力増強の効果がより高くなります。

例えばスクワットのトレーニングを行なった場合とレッグエクステンションを行なった場合とでは、スクワットの記録はスクワットを行なった方が、レッグエクステンションの記録はレッグエクステンションを行なった方がよく伸びます。

それぞれの動作種目に応じた筋力発揮のコーディネーションの仕方があるからです。

ですから、競技動作での筋力を高めたい場合は競技動作に近い形のトレーニング種目を優先して選択をするといいでしょう。

しかしながら、特異性の原理を極端に捉えて筋力トレーニングの本来の目的を忘れてしまってはいけません。

例えば、ピッチングでの筋力を鍛えようとピッチング動作をケーブルやチューブを引きながら行うような方法は勧められません。

このような不安定の姿勢で動作するトレーニングでは筋肉に大きな負荷をかけにくく、筋力トレーニングの本来の目的である筋力増強・筋肥大の効果があまり期待できず、体勢に無理があり、肘を痛めたりします。

トレーニング種目の選択は関節動作の安定した状態で行うべきです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-9-16

    腱や靭帯と年齢について

    骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、引張強度、…
  2. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  3. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  4. 2015-4-25

    股関節のアライメント異状

    股関節は深い関節窩を持つ臼関節です。回転運動に関しては大きな可動性があるのに対して、並進運動につ…
  5. 2016-3-14

    女性スポーツ選手と前十字靭帯損傷のリスク

    女性スポーツ選手は、同じ種目で類似レベルのプレーしている男性と比べると、ACL損傷に発生率は3〜5倍…
ページ上部へ戻る