トレーニングを行うときの3つの筋反射

身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。

それは、「伸張反射」「自己抑制」「相反性抑制」の3つです。
この3つを紹介していきます。


伸張反射


まずは、「伸張反射」についてです。
これは、姿勢のコントロールと筋緊張の両方に関して大切です。
この反射は、筋紡錘と呼ばれる受容器からの情報によるもので起こります。
筋紡錘は主要な筋線維と並列して走り、葉巻状の形をした構造で、筋が伸張されると同時に筋紡錘も伸張されます。
そして、筋紡錘の伸張は神経で察知され、伸ばされた筋は収縮し筋紡錘も元の形に戻ろうとして反射が起こります。

例えばこれは、膝をゴムのハンマーで叩いた際、膝が伸びて小さな蹴りの動作が出るものです。
これは、ハンマーの打撃によって大腿四頭筋内の筋紡錘が急激に伸張され、元に戻ろうと大腿四頭筋が緊張することで起こるのです。


自己抑制


これは、伸張反射とは逆の反応で、筋肉が過度に強く収縮したときに骨から付着部が裂離するのを防ぐ為に起こる防御的な機能です。
その為、伸張反射と自己抑制は同時に起こることはあるません。

これは、腱にある受容器のゴルジ腱器官が緊張を感知します。
筋が収縮し筋の長さが短くなると、ゴルジ腱器官は腱部の緊張の増加を記録し自己抑制と呼ばれる筋の反射性弛緩を引き起こすのです。

日常生活の通常動作では、自己抑制を発生させるような筋の過度な緊張は生じないため、伸張反射と比べて生じにくいでしょう。


相反性抑制


最後の相反性抑制は、主働筋が動きを起こしやすいように拮抗筋が弛緩することを言います。

例えば、力こぶを作ると膨らむ上腕二頭筋を収縮させる際、反対の腕を伸ばす筋肉である上腕三頭筋は動きを制限しないよに弛緩します。
このように、うまく相反性抑制を起こしながら腕の曲げ伸ばしをしているのです。


このような3つの反射がうまく働いているおかげで、私たちはうまく動けているのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  2. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
  3. 2015-4-25

    股関節のアライメント異状

    股関節は深い関節窩を持つ臼関節です。回転運動に関しては大きな可動性があるのに対して、並進運動につ…
  4. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  5. 2017-1-21

    有酸素的運動

    有酸素的運動と筋線維タイプ脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢…
ページ上部へ戻る