廃用性筋萎縮に伴う形態的・機能的変化

廃用性の筋萎縮は、安静固定や長期臥床、免荷による非荷重により発生します。

筋の短縮と仕事量の減少の結果、形態的には筋容量の減少、機能的には筋力低下を生じます。

下腿部ギプス固定に伴う筋萎縮においての研究では、非荷重により筋萎縮は生じますが、その程度は筋によって異なり、抗重力筋が影響を受けやすいことが分かりました。

特に最初の1週間の萎縮が最も顕著であり、約3ヶ月間の固定により、筋体積は健常肢に比べて平均12%減少し、組織化学的には筋線維の直径が平均42%減少したとされています。

また、筋線維タイプによって反応が異なり、一般にはタイプII線維よりもタイプI線維のほうが影響を受けやすいとされています。

しかし、減少率は条件によって違い、タイプIとタイプII線維で有意な差がないとする報告や、上肢のギプス固定では、肘伸筋筋力には41%の筋力低下が生じ、上腕三頭筋はタイプI線維において25%、タイプII線維では30%の萎縮がみられたとする報告があります。

これらの萎縮筋の構造変化は、細胞レベルでは、筋線維の萎縮程度に応じて、結合組織、脂肪成分、水分含有量の増加がみられます。

筋線維数の変化は少ないと考えられています。

筋線維タイプではタイプI線維からタイプII線維への以降、相対的な速筋化が生じるとされています。

アクチン・ミオシンフィラメントの配列の異常や断裂、消失や、タンパク質分解の増加によるタンパク質含有量増加、特に収縮タンパク質の減少が認められます。

また、運動神経終末部では、神経終末構造と支配筋の変化、アセチルコリン放出量の減少が生じます。

一方、筋細胞膜側では、遅筋の静止膜電位とナトリウムイオン-カリウムイオンポンプが低下し、イオン透過性の変化、張力発生に必要な電気刺激の周波数上昇、アセチルコリン受容体の密度増加、被神経支配の変化、神経刺激による筋細胞膜興奮までの時間延長などが生じるとされています。

収縮機能では、最大収縮力や発揮パワーが低下し、最大短縮速度や弛緩速度は増加します。

また、代謝機能においては遅筋、速筋ともに解糖系酵素の活性が増加し、酸化系酵素の活性が減少します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
  2. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  3. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  4. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?筋肉を…
  5. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
ページ上部へ戻る