スポーツ歯科の重要性

なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか?
それは歯と運動能力には密接な関係があるからです。
歯並びが悪いと、どうしても悪い噛み合わせになったり噛み癖がついてしまうのですが、顎の関節のすぐそばには、体の平衡感覚をつかさどる三半規管があることから、こうした噛み合わせの違和感は重心移動に悪影響を与えるのです。
つまり、歯並びが悪いとそれだけでパフォーマンスを低下させてしまうというわけです。
これは、トップアスリートにとっては大問題だと言えるでしょう。

また、歯並びは筋力とも関係があります。
力を発揮する時に人は歯を食いしばりますが、全員が歯を食いしばっているわけではありません。
約3割の人が運動中に歯を食いしばり、約3割が口は閉じているが食いしばってはいない、残りの人は少し口が開いているという結果が出ているようです。
力を発揮するときに顎が正しい位置になければ十分に力が発揮されないことも明らかになっています。
顎を正しい位置にする際にも歯並びが非常に重要です。
歯並びが歪んでいると、正しい位置に顎を固定することができなくなります。

このような歯並びの悪さは実は姿勢にも影響を与えます。
人間の体は多少のゆがみやズレは補正してくれます。
歯並びが多少悪くても、食べたり話したりすることに大きな影響がないのはそのためです。
しかし、多少ではないレベルのゆがみやズレだと補正しきれません。
体のどこかにひずみが生じ、その状態が長く続いていると体全体の筋肉や骨格のバランスが崩れて、姿勢が歪んでしまうのです。
歪みが大きければ大きいほど補正するのに時間がかかったり、あるいは補正しきれない状態で競技に臨まなくてはならなくなります。
それではパフォーマンスを最大限に発揮することができません。

トップアスリートにとって骨格や筋肉の歪みは命取りなのです。
特にバランスが求められるトレーニングや競技では、歪みがない人との差は明確に出てきます。
歯並びの悪さは全身へ影響を与えることが明らかになっていますから、当然、一流選手は歯の重要性を理解しています。
トップを目指す選手は早いうちから歯並びを矯正し、噛み合わせを正しくするので、トップアスリートに虫歯が少ないのも、歯並びがきれいなのも当然の結果なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  4. 2015-6-21

    疲れやコリを取り除くコリ回路とは

    筋中において、疲れやコリの一因になるのは、血中の乳酸濃度が高まることによるpHの低下、乳酸性アシドー…
  5. 2015-5-13

    考え事と首のひねりの関係

    ヒトの大脳の左右の半球はそれぞれ右脳と左脳とよばれ、右半球は音楽、イメージ、経験、直感的な認識、いわ…
ページ上部へ戻る