スポーツ歯科の重要性

なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか?
それは歯と運動能力には密接な関係があるからです。
歯並びが悪いと、どうしても悪い噛み合わせになったり噛み癖がついてしまうのですが、顎の関節のすぐそばには、体の平衡感覚をつかさどる三半規管があることから、こうした噛み合わせの違和感は重心移動に悪影響を与えるのです。
つまり、歯並びが悪いとそれだけでパフォーマンスを低下させてしまうというわけです。
これは、トップアスリートにとっては大問題だと言えるでしょう。

また、歯並びは筋力とも関係があります。
力を発揮する時に人は歯を食いしばりますが、全員が歯を食いしばっているわけではありません。
約3割の人が運動中に歯を食いしばり、約3割が口は閉じているが食いしばってはいない、残りの人は少し口が開いているという結果が出ているようです。
力を発揮するときに顎が正しい位置になければ十分に力が発揮されないことも明らかになっています。
顎を正しい位置にする際にも歯並びが非常に重要です。
歯並びが歪んでいると、正しい位置に顎を固定することができなくなります。

このような歯並びの悪さは実は姿勢にも影響を与えます。
人間の体は多少のゆがみやズレは補正してくれます。
歯並びが多少悪くても、食べたり話したりすることに大きな影響がないのはそのためです。
しかし、多少ではないレベルのゆがみやズレだと補正しきれません。
体のどこかにひずみが生じ、その状態が長く続いていると体全体の筋肉や骨格のバランスが崩れて、姿勢が歪んでしまうのです。
歪みが大きければ大きいほど補正するのに時間がかかったり、あるいは補正しきれない状態で競技に臨まなくてはならなくなります。
それではパフォーマンスを最大限に発揮することができません。

トップアスリートにとって骨格や筋肉の歪みは命取りなのです。
特にバランスが求められるトレーニングや競技では、歪みがない人との差は明確に出てきます。
歯並びの悪さは全身へ影響を与えることが明らかになっていますから、当然、一流選手は歯の重要性を理解しています。
トップを目指す選手は早いうちから歯並びを矯正し、噛み合わせを正しくするので、トップアスリートに虫歯が少ないのも、歯並びがきれいなのも当然の結果なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  2. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  3. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  4. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  5. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
ページ上部へ戻る