骨の連結

骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合される軟骨性の連結、そして、両骨間の間隙(関節腔)があり、滑膜性関節包を有する滑膜性の連結の3種があります。

1:線維性の連結
(1)縫合:頭蓋骨間の連結
(2)釘植:歯根と歯槽との連結
(3)靭帯結合:脛腓靭帯結合や黄色靭帯による椎間弓の連結

2:軟骨性の連結
(1)軟骨結合:骨端軟骨結合、幼児の頭蓋底の蝶後頭軟骨結合など両骨が硝子軟骨によって結合されるものを言います。
(2)線維軟骨結合:恥骨結合、椎間円板など、両骨が線維軟骨によって結合されるものを言います。

3:滑膜性の連結
いわゆる関節は関節頭、関節窩からなり、連結部は関節包に包まれ、両骨間の間隙には関節腔が構成され、必要に応じて特殊装置(靭帯・関節円板・関節唇及び滑液包)が存在します。
関節頭は、一般に関節を構成するコツのうち凸面をなす側で、関節軟骨で覆われ、相対する他骨の陥凹部すなわち関節窩に入ります。

関節窩は関節頭を入れる凹面で、関節頭と同じく表面が関節軟骨に覆われています。
関節窩の深さを補うためにその周縁に線維軟骨性の関節唇を認めたり、また両関節面の適合を完全にするために、その間に線維軟骨性の小板を挟むことがあります。
小板が完全な板をなすときは関節円板といい、小板が中心部までいたっていない、環状あるいは半月状を示しているときは関節半月と言います。
これらは周辺部が厚く、中心部が薄くなっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  2. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  3. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  4. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  5. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
ページ上部へ戻る