骨の連結

骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合される軟骨性の連結、そして、両骨間の間隙(関節腔)があり、滑膜性関節包を有する滑膜性の連結の3種があります。

1:線維性の連結
(1)縫合:頭蓋骨間の連結
(2)釘植:歯根と歯槽との連結
(3)靭帯結合:脛腓靭帯結合や黄色靭帯による椎間弓の連結

2:軟骨性の連結
(1)軟骨結合:骨端軟骨結合、幼児の頭蓋底の蝶後頭軟骨結合など両骨が硝子軟骨によって結合されるものを言います。
(2)線維軟骨結合:恥骨結合、椎間円板など、両骨が線維軟骨によって結合されるものを言います。

3:滑膜性の連結
いわゆる関節は関節頭、関節窩からなり、連結部は関節包に包まれ、両骨間の間隙には関節腔が構成され、必要に応じて特殊装置(靭帯・関節円板・関節唇及び滑液包)が存在します。
関節頭は、一般に関節を構成するコツのうち凸面をなす側で、関節軟骨で覆われ、相対する他骨の陥凹部すなわち関節窩に入ります。

関節窩は関節頭を入れる凹面で、関節頭と同じく表面が関節軟骨に覆われています。
関節窩の深さを補うためにその周縁に線維軟骨性の関節唇を認めたり、また両関節面の適合を完全にするために、その間に線維軟骨性の小板を挟むことがあります。
小板が完全な板をなすときは関節円板といい、小板が中心部までいたっていない、環状あるいは半月状を示しているときは関節半月と言います。
これらは周辺部が厚く、中心部が薄くなっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  2. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  3. 2016-2-21

    ジュニア期での運動パターンの獲得

    人間は、80を超える基礎的運動パターンをもっています。この基礎的運動パターンを6~7歳頃までに習…
  4. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  5. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
ページ上部へ戻る