人間は・・・チクワ!?

人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。

食物を体内に摂取し、貯蔵や消化・吸収、排泄、運搬といった働きを担う器官のことを消化器といいます。

食物は、口から入ると、咽頭、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸を通り、肛門から出ていきます。

十二指腸には、肝臓とすい臓がついていて、口腔には唾液腺がついています。

さて、この消化器ですが、これについて興味深い話があります。

人体はしばしばチクワに例えられます。

これを人体と消化器の関係でいうと、チクワの身が人間の体、中心の空洞が消化器です。

人はものを食べるとそれが体内に入ったと錯覚しますが、実はそれは間違いで、単にチクワの穴に入っただけにすぎません。

本当に体の中に入るのは、チクワの身の中に移動したときなのです。

胃腸の粘膜を越えて物質が取り込まれたときに、初めて体の中に入ったといえるのです。

胃腸の粘膜は管の内面を覆っていて、体の外につながる空間と、本当の体内とを仕切っています。

たとえば塩化カリウムは、ある程度薄めたものであれば、口から摂取しても大丈夫ですが、注射をすると心臓が速やかに停止してしまいます。

こう考えると怖いことですが、これは、胃腸の粘膜が選りすぐったものだけを体内に取り込んでいると考えることもできますね。

いろいろなものを飲み食いしても安全なのはそのためだと言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  2. 2017-4-21

    クールダウンで体全体の負担を減らす

    筋トレを行いそのままクールダウンをせずに終わっていませんか?筋トレ終了後のクールダウンは大切…
  3. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  4. 2015-6-22

    リクルートメントとレートコーディング

    筋肉の収縮は興奮収縮連関によって生じ、運動単位は筋収縮の基本単位となります。ある特定の筋の収縮力…
  5. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
ページ上部へ戻る