人間は・・・チクワ!?

人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。

食物を体内に摂取し、貯蔵や消化・吸収、排泄、運搬といった働きを担う器官のことを消化器といいます。

食物は、口から入ると、咽頭、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸を通り、肛門から出ていきます。

十二指腸には、肝臓とすい臓がついていて、口腔には唾液腺がついています。

さて、この消化器ですが、これについて興味深い話があります。

人体はしばしばチクワに例えられます。

これを人体と消化器の関係でいうと、チクワの身が人間の体、中心の空洞が消化器です。

人はものを食べるとそれが体内に入ったと錯覚しますが、実はそれは間違いで、単にチクワの穴に入っただけにすぎません。

本当に体の中に入るのは、チクワの身の中に移動したときなのです。

胃腸の粘膜を越えて物質が取り込まれたときに、初めて体の中に入ったといえるのです。

胃腸の粘膜は管の内面を覆っていて、体の外につながる空間と、本当の体内とを仕切っています。

たとえば塩化カリウムは、ある程度薄めたものであれば、口から摂取しても大丈夫ですが、注射をすると心臓が速やかに停止してしまいます。

こう考えると怖いことですが、これは、胃腸の粘膜が選りすぐったものだけを体内に取り込んでいると考えることもできますね。

いろいろなものを飲み食いしても安全なのはそのためだと言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  2. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  3. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  4. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
  5. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
ページ上部へ戻る