アミノ酸に副作用はあるか

本来、生体内の成分であるアミノ酸は、健康な人が摂取する限りにおいては、多少過剰に摂っても害になることはほとんどありません。

しかし、注意が必要な場合もあります。

タンパク質の制限をしている人、たとえば人工透析をしている人などは、アミノ酸摂取についても注意する必要があります。

他にも、フェニルケトン尿症の人や先天的にアミノ酸の代謝酵素をもっていないメープルシロップ尿症の人も注意が必要です。

しかしこれらの人たちは、生後まもなく異常が発見されるため、過剰に摂取することはまずないと言っていいでしょう。

タンパク質やアミノ酸は体内で代謝される過程でアンモニアを発生させますが、アンモニアには強い毒性があり、特に中枢神経系に大きな影響を与えます。

健常人は、体内で生じる有害なアンモニアを尿素の形にして体外に放出する代謝システムをもっており、タンパク質やアミノ酸を過剰に摂取しても血中のアンモニア濃度が異常なレベルまで上がることはありません。

しかし、肝臓に障害がある場合、アミノ酸やタンパク質を過剰に摂取すると、肝臓のアンモニア代謝システムを担う酵素が上手く働かず、血中のアンモニア濃度が異常なレベルまで上がる可能性があります。

アンモニアの血中濃度が上がると、肝性脳症を引き起こすこともあります。

とはいえ、これはあくまで肝臓に障害がある場合のことで、健常人がアミノ酸を必要以上に摂取した場合は、多少の過剰であっても肝臓の負担になることはなさそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
  2. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
  3. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  4. 2015-10-12

    アキレス腱周囲炎

    使いすぎ症候群のひとつで、スポーツ障害として高頻度にみられるアキレス腱周囲炎ですが、中年以降のジョギ…
  5. 2016-1-23

    アクティブタッチとは

    私たちは、そこにあるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触ることで判断して…
ページ上部へ戻る