アミノ酸に副作用はあるか

本来、生体内の成分であるアミノ酸は、健康な人が摂取する限りにおいては、多少過剰に摂っても害になることはほとんどありません。

しかし、注意が必要な場合もあります。

タンパク質の制限をしている人、たとえば人工透析をしている人などは、アミノ酸摂取についても注意する必要があります。

他にも、フェニルケトン尿症の人や先天的にアミノ酸の代謝酵素をもっていないメープルシロップ尿症の人も注意が必要です。

しかしこれらの人たちは、生後まもなく異常が発見されるため、過剰に摂取することはまずないと言っていいでしょう。

タンパク質やアミノ酸は体内で代謝される過程でアンモニアを発生させますが、アンモニアには強い毒性があり、特に中枢神経系に大きな影響を与えます。

健常人は、体内で生じる有害なアンモニアを尿素の形にして体外に放出する代謝システムをもっており、タンパク質やアミノ酸を過剰に摂取しても血中のアンモニア濃度が異常なレベルまで上がることはありません。

しかし、肝臓に障害がある場合、アミノ酸やタンパク質を過剰に摂取すると、肝臓のアンモニア代謝システムを担う酵素が上手く働かず、血中のアンモニア濃度が異常なレベルまで上がる可能性があります。

アンモニアの血中濃度が上がると、肝性脳症を引き起こすこともあります。

とはいえ、これはあくまで肝臓に障害がある場合のことで、健常人がアミノ酸を必要以上に摂取した場合は、多少の過剰であっても肝臓の負担になることはなさそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  2. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
  3. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  4. 2017-3-7

    関節にはたらく3種類のテコの原理

    筋肉が発揮する力を、実際の関節の動きの中で理解することは、より効率よく力の伝わるスポーツ動作のフォー…
  5. 2016-1-18

    神経動態における「神経の容器」と「機械的なインターフェース」

    「神経の容器」と「機械的なインターフェース」の2つの概念は身体の動きがどのように神経組織に影響するの…
ページ上部へ戻る