筋リラクセーション法

リラクセーション法にはたくさんの種類があり、その手法もまた様々です。

筋弛緩法の最も一般的な方法は、漸進的弛緩となります。

漸進的弛緩は、まず存在する筋緊張を認識し、収縮させた後、次にそれらの筋を弛緩させることによって、主要な骨格筋群を系統的に弛緩させます。

弛緩前の筋収縮の役割は、対象者が筋緊張に対しての感覚が鋭くなるよう、また弛緩した筋の感覚を認知することを学習するよう、提唱されています。

この方法に慣れてくると、どんな状態からでも、筋群を完全に弛緩させることができると言われています。

弛緩前の収縮については意見が分かれており、疼痛のある場合は、疼痛症状を悪化させないよう、運動中に用いる筋収縮の強度をコントロールすることが重要です。

もう1つ一般的に用いられる弛緩法はBensonの弛緩反応法です。

この方法は、弛緩反応の誘発に潜在的な4つの要素が存在するという理論に基づくものです。

第1の要素は、静かな環境であり、外部へ注意が向かないことを念頭におきます。

第2の要素は、過度の筋緊張を減少させるような体位の選択です。

第3の要素は、例えば、単純な音声でも単語でも、ある言葉を反復をしたり思案するような精神活動です。

第4の要素は、安静を意識しようとせず、いまある状態を受け入れる受動的態度です。

実際、弛緩反応は超越的瞑想に基づくもので、呼吸への集中、呼吸に合わせた言葉の反復、対象者の呼吸に合わせて動くと言われています。

弛緩反応は、疼痛を強調する交感神経系活動の減少により作用します。

弛緩反応は、疼痛から集中をそらし、弛緩のより喜ばしい感情に誘導します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  2. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  3. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
  4. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  5. 2016-9-4

    胸椎のアライメント

    上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸…
ページ上部へ戻る