膝蓋骨へのテーピング

膝蓋骨に対してテーピングを行うことは機械的に膝蓋骨のアライメントを矯正する目的で行われ、膝蓋骨を膝蓋溝の中心に位置させその軌道を改善させることにあります。

理論的には外側の固くなった組織をストレッチすることで、粘弾性のある組織に一定の低負荷をかける際にみられる「時間経過とともに増すひずみ」を起こさせることがテーピングのひとつの効果となります。

軟部組織の長さは持続的にストレッチすることで長くなり、移動量の増加はストレッチを加えていた時間に比例して増大するものであることが知られています。

それに加えてテーピングは痛みの原因となる組織への負荷を軽減し四頭筋の筋力効率を挙げ、内側広筋斜頭の活動を改善し、痛みを軽減すると考えられます。

結果的に、痛みを伴うことなく活動ができるようになり、その間に大腿四頭筋の訓練ができるようになります。

この膝蓋骨へのテーピングは、位置不良を矯正するために行われますが、そこには4つの基本的要素があります。

内側へのすべり、内側への傾斜、前方への傾斜、回旋です。

それに加えて痛みの原因となる組織の負荷を軽減するためにさらなるテーピングの追加が必要となることや、外側広筋を抑制するために追加が必要となることもあります。

適切にテーピングが行われると、通常では痛みが誘発される動作を行っても、50%は痛みが軽減すると言われています。

そのためにはいくつかのテーピングを組み合わせることが必要となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  2. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  3. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  4. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  5. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
ページ上部へ戻る