「善玉」と「悪玉」って?

以前、コレステロールについて、善も悪もないとお書きしましたが、「善玉」「悪玉」コレステロールとは何なのかについてお話します。

コレステロールは肝臓でリポタンパクというタンパク質に包まれています。

これは宅配便のパッケージのようなもので、梱包された状態で血液の中を流れて、必要なところへ流れます。

このリポタンパクというパッケージにはいくつか種類があります。

その中に、皆さんがよく知っている「善玉コレステロール」と呼ばれるHDLと、「悪玉コレステロール」と呼ばれるLDLがあります。

つまり、この「善玉」「悪玉」は正確に言えば、コレステロールそのものの種類ではなく、コレステロールを梱包したパッケージのことなのです。

この時点ですでに、コレステロールに関する一般の情報には不正確の部分がありますね。

LDLが肝臓から発送されてコレステロールを必要とする組織へ運ぶのに対し、HDLは例えば、血管壁などであまったコレステロールがあると、それを元の肝臓へ持って帰る役割を担っています。

血中コレステロールが目の敵にされるのは、動脈硬化や心臓病などの促進因子になるという考え方ですが、LDLに対してHDLの割合が多ければ問題は生じないと考えられています。

忘れてはいけないのは、HDLもLDLもそれぞれが役割を果たす為に存在していることです。

 

特に悪玉は必要のないものと考えられていますが、必要とされているからこそ、わざわざ梱包して丁寧に運んでいるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  2. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  3. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
ページ上部へ戻る