栄養不足は細胞内ホメオスタシスを乱す

食物に含まれるタンパク質由来の炭素原子は体内でさまざまな用途に使われ、DNAになったり、脂肪になったり、二酸化炭素になったりもします。

これほどたくさんの相互変換の可能性があるとすれば、細胞内の生化学的分子濃度は大きく変動するだろう考えることもできます。

例えば、細胞内のオキサロ酢酸濃度は、オキサロ酢酸の原料を含むものを食べたかどうかで変わるでしょうし、代謝にオキサロ酢酸が使われたかどうかでも変動するであろうと考えられます。

しかし驚くべきことに、これらの物質の細胞内濃度は、ほとんど一定に保たれています。

細胞は異化と同化に関わる酵素を制御し、細胞内濃度のバランスを維持しています。

このホメオスタシスは異常な状況下でしか乱されることがありません。

そのような異常な状況のひとつに栄養不足があります。

もしヒトが、同化作用と生物学的活動に必要な量のATPとNADHを産生するために十分な食物を摂取しない場合、体の中でまず最初に使われる貯蔵エネルギー源は、グリコーゲンとなります。

この貯蔵源は長続きせず、次には脂肪が使われます。

脂肪酸が分解されるとアセチルCoA濃度が上昇します。

しかし、脂肪酸は血中から脳へは移行できないため、何か他のものをグルコースに変換しなければなりません。

この糖新生という経路は、ほとんどの場合、タンパク質を分解したアミノ酸を原料とします。

十分な食料が得られないときはタンパク質、脂肪を使わざるを得なくなります。

こうした飢餓状態が数週間に及ぶと、貯蔵脂肪は底をつき、残された唯一のエネルギー源はタンパク質だけとなります。

この時点で、筋タンパクや免疫に働く抗体などの重要なタンパク質が分解され始めます。

このようなタンパク質が失われることにより、重度の病気がもたらされ、最終的には死に至ります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  2. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  3. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  4. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  5. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
ページ上部へ戻る