記憶と忘却

脳の記憶は、コンピュータとは異なり、永久的ではありません。

むしろ、時間が経つと自然に消されるのが一般的です。

これはいわゆる忘却という現象で、記憶は、記銘・想起・保持そして忘却と段階づけられます。

面白いことに覚える過程も忘れる過程も、記憶に関係する脳の現象であるにも関わらず、意識的に操作できるのは覚えることのほうだけであり、忘れるという行為は意図的にはできません。

むしろ忘れようとすればするほどより強固に記憶され、思い出されてしまいます。

逆に忘れるという現象は意図的に操作できないため、比較的容易に調べることができ、19世紀の心理学者エビングハウスは忘却について詳しく検証しています。

エビングハウスは、意味のなさない3つのアルファベットの組み合わせを、被験者に覚えさせ、その記憶がどれくらいの速度で忘れられていくかを調べました。

その結果、初めの4時間の間に半分近くを忘れ、その後は、残りの記憶を少しずつ忘れるというものになりました。

つまり、覚えた直後に多くを忘れて、それを乗り越えて残った記憶は意外と長く保持される傾向にあるということになります。

これを表した曲線は「エビングハウスの忘却曲線」として知られます。

エビングハウスの忘却曲線から考えると、例えばテストの前日に詰め込んで勉強するよりも、当日の朝、しかもテストまでの4時間が勝負であると考えられます。

また、記憶には相互的に干渉があり、ある程度類似性のあるものを覚えようとすると、以前の記憶や新しい記憶が妨げられてしまうことがあります。

つまり、テストの勉強のための詰め込みは、例えば100個全部覚えようとするよりも、ある程度範囲を絞って覚えるほうが干渉の影響を抑えることができるというわけです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  2. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  3. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  4. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
  5. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
ページ上部へ戻る