腸内細菌叢とプレバイオティクス

ヒトやマウスの腸内細菌叢は、ファーミキューテス門、バクテロイデス門、プロテオバクテリア門、アクチノバクテリア門の4つの門で占められます。

実験において、過食と肥満を呈する肥満型マウスでは、正常体重マウスに比べて、バクテロイデスに属する菌数が少なく、ファーミキューテスに属する菌数が多いことが分かっています。

ヒトにおいては、バクテロイデスに関しては一貫性がなく、ファーミキューテスはむしろ肥満者に少ないとされています。

属レベルにおいて、ラクトバシラスについても一貫性がありませんが、ビフィドバクテリウムは肥満者で少ないという研究結果もあります。

腸内細菌は食品や宿主由来の難消化性多糖類を分解・発酵し、その最終産物である短鎖脂肪酸がエネルギー源として宿主に利用されます。

肥満型細菌叢のマウスでは、食事からのエネルギー獲得に寄与する遺伝子が豊富で、実際に多糖類から短鎖脂肪酸を効率よく産生します。

したがって、肥満型細菌叢が多糖類から獲得したより多くのエネルギーが脂肪蓄積に寄与すると言えます。

腸内細菌叢が肥満の発症要因の1つだとしたら、腸内細菌叢を改善することにより、肥満を予防・治療することも可能になるかもしれません。

こういった腸内細菌叢の構成を変化させる食品成分をプレバイオティクスといいます。

プレバイオティクスは、「遠位腸管にある一定の腸内細菌の増殖および活性を選択的に促進することによって宿主に有益な作用をもたらす難消化性食品成分」です。

代表的なプレバイオティクスは野菜や果物に含まれるイヌリン型フラクタンなどの難消化性糖類ですが、これらの摂取は、ビフィドバクテリウムを増加させるとともに、マウスおよびヒトの体脂肪を減少させます。

前述したように、肥満者の腸内ではビフィドバクテリウムが減少しているため、プレバイオティクスの抗肥満作用は、ビフィドバクテリウムによるものかもしれません。

この作用の少なくとも一部は、食欲抑制やインスリン分泌刺激に機能するGLP-1、腸管透過性抑制にかかわるGLP-2、食欲抑制に寄与するPYYといった消化管ホルモンを介して発揮されます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-28

    ウォーミングアップの理想

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。特にエ…
  2. 2015-5-13

    考え事と首のひねりの関係

    ヒトの大脳の左右の半球はそれぞれ右脳と左脳とよばれ、右半球は音楽、イメージ、経験、直感的な認識、いわ…
  3. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  4. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  5. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
ページ上部へ戻る