LSDトレーニング

ロングスローディスタンス(LSD)トレーニングでは、より長い時間、運動を持続させるために、通常よりも低い強度で行います。

例えば、1kmあたり5分のペースで走る人であれば、LSDにおいては、7分ほどのペースでより長い距離を走ると良いでしょう。

基本的な考え方は、通常よりも強度を低くして、トレーニング時間を長くするということになります。

正確に強度をコントロールすることが理想ですが、例えばトレーニング中に会話ができるかどうかは、適切な強度を知るための指標となります。

つまり、息切れすることなく話せているかどうかです。

LSDトレーニングの目標は、無酸素性作業閾値の向上や補助筋群の持久力改善、グリコーゲン節約・脂質酸化促進などがあります。

一般的にこのトレーニングは30分から2時間ほど行い、週2回程度が推奨されています。

トレーニングにおいては、定められた運動強度に達したら心拍数を維持する必要があります。

運動初心者では強度が崩れたり、負荷が上がっていないのにも関わらず心拍数の増加がみられます。

しかし、トレーニングを継続することで、血液供給能の向上や酸素運搬能の向上がみられるため、このような状態も起こりにくくなります。

体力レベルに応じてプログラムを組む必要があり、強度も時間もゆっくりとコントロールしていかなければなりません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-14

    ストレスと自己防衛

    ストレスが加わると、神経系・内分泌系・免疫系に変化が生じ、これらが相互に密接な関係を保ちつつ、脳の制…
  2. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  3. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  4. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  5. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
ページ上部へ戻る