LSDトレーニング

ロングスローディスタンス(LSD)トレーニングでは、より長い時間、運動を持続させるために、通常よりも低い強度で行います。

例えば、1kmあたり5分のペースで走る人であれば、LSDにおいては、7分ほどのペースでより長い距離を走ると良いでしょう。

基本的な考え方は、通常よりも強度を低くして、トレーニング時間を長くするということになります。

正確に強度をコントロールすることが理想ですが、例えばトレーニング中に会話ができるかどうかは、適切な強度を知るための指標となります。

つまり、息切れすることなく話せているかどうかです。

LSDトレーニングの目標は、無酸素性作業閾値の向上や補助筋群の持久力改善、グリコーゲン節約・脂質酸化促進などがあります。

一般的にこのトレーニングは30分から2時間ほど行い、週2回程度が推奨されています。

トレーニングにおいては、定められた運動強度に達したら心拍数を維持する必要があります。

運動初心者では強度が崩れたり、負荷が上がっていないのにも関わらず心拍数の増加がみられます。

しかし、トレーニングを継続することで、血液供給能の向上や酸素運搬能の向上がみられるため、このような状態も起こりにくくなります。

体力レベルに応じてプログラムを組む必要があり、強度も時間もゆっくりとコントロールしていかなければなりません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
  2. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  3. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  4. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  5. 2015-5-22

    アルコール代謝によるRedox Shiftとは

    ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのでは…
ページ上部へ戻る