LSDトレーニング

ロングスローディスタンス(LSD)トレーニングでは、より長い時間、運動を持続させるために、通常よりも低い強度で行います。

例えば、1kmあたり5分のペースで走る人であれば、LSDにおいては、7分ほどのペースでより長い距離を走ると良いでしょう。

基本的な考え方は、通常よりも強度を低くして、トレーニング時間を長くするということになります。

正確に強度をコントロールすることが理想ですが、例えばトレーニング中に会話ができるかどうかは、適切な強度を知るための指標となります。

つまり、息切れすることなく話せているかどうかです。

LSDトレーニングの目標は、無酸素性作業閾値の向上や補助筋群の持久力改善、グリコーゲン節約・脂質酸化促進などがあります。

一般的にこのトレーニングは30分から2時間ほど行い、週2回程度が推奨されています。

トレーニングにおいては、定められた運動強度に達したら心拍数を維持する必要があります。

運動初心者では強度が崩れたり、負荷が上がっていないのにも関わらず心拍数の増加がみられます。

しかし、トレーニングを継続することで、血液供給能の向上や酸素運搬能の向上がみられるため、このような状態も起こりにくくなります。

体力レベルに応じてプログラムを組む必要があり、強度も時間もゆっくりとコントロールしていかなければなりません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  2. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?筋肉を…
  3. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  4. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  5. 2015-6-7

    カルノシンやアンセリンの緩衝作用で筋疲労軽減を

    カルノシンやアンセリンなどのイミダゾールジペプチドは、動物の脳、心臓、肝臓、腎臓、神経系や骨格筋中に…
ページ上部へ戻る