コレステロールって悪いもの?

皆さん、コレステロールについてどういうイメージをお持ちですか?

多くの方がコレステロールは身体に悪影響を及ぼすものと考えていることでしょう。

コレステロール値が高いと動脈硬化などの病気になるリスクが高いといったことからコレステロール=悪といった風潮もありますが、コレステロール自体に善も悪もなく、体にとって必要不可欠なものになります。

脂質の一種であるコレステロールは、細胞を作るときに必要な材料のひとつになります。

すべての細胞は細胞膜に包まれていて、その細胞膜を作る成分としてコレステロールはきわめて重要な存在です。

コレステロール不足がガンを招きやすいとも言われますが、細胞膜が弱いと、その部分がガン化しやすいからだといわれています。
また、皮膚にあるコレステロールは紫外線を浴びるとビタミンD前駆体になります。

したがって、コレステロールが少ない人はビタミンDが不足し、その結果、カルシウムの吸収が不十分になって骨が弱くなってしまう恐れがあります。

さらに、女性ホルモンや男性ホルモン、ストレスを受けたときに副腎皮質から分泌される抗ストレスホルモンなども、コレステロールがなければ作られないのです。
それだけ重要な役割を担っている物質なので、コレステロールは体内でも作られています。

こんなに大切な物質が単に「病気の原因」としか思われていないとしたら、それこそ健康にとって悪ではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
  2. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  3. 2016-5-17

    呼吸の機能と呼吸機能不全

    呼吸は生きるために一定のリズムを繰り返して行われるもので、その機能は脳幹の延髄で制御されています。…
  4. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  5. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
ページ上部へ戻る