筋温と筋機能

収縮速度と関係するようなダイナミック動作は、温度に依存する性質をもちます。

筋温を正常な生理学的レベルである37℃にまで上昇させることは、神経伝達速度と受容体の感受性を高め、運動学的・運動力学的要素に有益な効果をもたらし、それが長期的適応に影響を及ぼすと考えられています。

しかし、一定の閾値より上または下の温度では、筋機能に抑制効果をもたらすことについては注意が必要です。

例えば、最大動的筋力、発揮パワー、ジャンプやスプリントのパフォーマンスは、筋温と相関関係があり、1℃あたり4〜6%の変化があらわれるとされています。

最大等尺性筋力は、筋温が1℃下がることに2%低下し、力-速度関係は、筋温が正常値以下になると左方向へシフトしました。

また、ラットを用いた研究においては、速筋遅筋ともに、筋温が35℃から30℃、25℃、15℃、10℃と低下するのに伴い、力学的な等尺性筋力が35〜42%、速度が83〜89%、最大パワーが63〜64%低下しました。

さらに、筋温の上昇は、筋腱複合体の弾性を高めることによって、能動的にも受動的にもその剛性に影響を及ぼし、筋の仕事量や筋の特性に有益な効果をもたらす可能性があります。

例えば、60%強度の有酸素運動を行ったところ、筋の直列弾性要素が低下し、それによって筋コンプライアンスが増大したことが明らかになっています。

コンプライアンスの高い筋ほど、必要な力を発揮する上で、腱などの受動的要素が収縮などの能動的要素の疲労を補うため、力学的疲労への抵抗に優れている可能性が考えられます。

筋温を運動に最適なレベルに上昇させることは、力学的効率を32〜34%に高めることも明らかになっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-6

    有酸素性能力が高まると筋トレの効果が高まる

    筋力トレーニングや陸上の短距離走など、瞬発系に強い力を発揮する運動を無酸素運動といいます。一…
  2. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  3. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
  4. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
  5. 2016-2-8

    女子サッカー選手における女性特有のコンディション

    女子サッカー選手に限らず男性との性差、つまり女性特有のコンディションを理解して選手の健康管理を行うこ…
ページ上部へ戻る