ロコモティブシンドローム予防のための2つの種目

ロコモティブシンドロームを予防するトレーニングとしてバランス能力の改善を目的とした開眼片脚立ちと下肢筋力強化を目的としたスクワットの2つが推奨されています。

開眼片脚立ちとは、その名の通り目を開けた状態で、片脚で立つトレーニングとなります。

転倒を防止するため、必ずつかむものがある状態で、床に足がつかない程度に片脚をあげます。

これを左右各1分間を1日に3回実施するのが望ましいとされています。

片脚立ちのトレーニングは、体幹筋群の強化や転倒予防に効果的であり、さらには大腿骨頸部の骨密度の増加にも効果的であるとされています。

スクワットは、膝関節および股関節の筋群を強化する代表的なトレーニングですが、ADLレベルでは、トイレ動作や入浴動作など様々な動作に使用されています。

スクワットは、歩行や段差を上るといった動作よりも大きな下肢筋力を必要とする動作となります。

ロコモティブシンドロームを予防するトレーニングとして推奨されているスクワットは、自重負荷によるもので、1回のスクワットあたり10秒ほどかけて行い、5~10回を1セットとして1日に3セット実施するのが望ましいとされています。

しかし、高齢者のためのトレーニングといっても、自立しており、且つ高い体力を有する者と、日常的に運動不足に陥っている高齢者とでは、配慮すべき点は変わってくるでしょう。

安全性が保たれつつ、その人にとって最適なプログラムを考えることが重要となるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  2. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  3. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  4. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
  5. 2014-10-1

    赤血球と貧血の関係性を考える。

    赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
ページ上部へ戻る