ロコモティブシンドローム予防のための2つの種目

ロコモティブシンドロームを予防するトレーニングとしてバランス能力の改善を目的とした開眼片脚立ちと下肢筋力強化を目的としたスクワットの2つが推奨されています。

開眼片脚立ちとは、その名の通り目を開けた状態で、片脚で立つトレーニングとなります。

転倒を防止するため、必ずつかむものがある状態で、床に足がつかない程度に片脚をあげます。

これを左右各1分間を1日に3回実施するのが望ましいとされています。

片脚立ちのトレーニングは、体幹筋群の強化や転倒予防に効果的であり、さらには大腿骨頸部の骨密度の増加にも効果的であるとされています。

スクワットは、膝関節および股関節の筋群を強化する代表的なトレーニングですが、ADLレベルでは、トイレ動作や入浴動作など様々な動作に使用されています。

スクワットは、歩行や段差を上るといった動作よりも大きな下肢筋力を必要とする動作となります。

ロコモティブシンドロームを予防するトレーニングとして推奨されているスクワットは、自重負荷によるもので、1回のスクワットあたり10秒ほどかけて行い、5~10回を1セットとして1日に3セット実施するのが望ましいとされています。

しかし、高齢者のためのトレーニングといっても、自立しており、且つ高い体力を有する者と、日常的に運動不足に陥っている高齢者とでは、配慮すべき点は変わってくるでしょう。

安全性が保たれつつ、その人にとって最適なプログラムを考えることが重要となるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-21

    動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

    運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。…
  2. 2016-5-17

    呼吸の機能と呼吸機能不全

    呼吸は生きるために一定のリズムを繰り返して行われるもので、その機能は脳幹の延髄で制御されています。…
  3. 2017-3-23

    筋トレの後のジョギングの効果

    筋力トレーニングの後にジョギングを合わせて行う人も多いと思います。ジョギングは有酸素運動の代…
  4. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
  5. 2015-8-14

    ストレスと自己防衛

    ストレスが加わると、神経系・内分泌系・免疫系に変化が生じ、これらが相互に密接な関係を保ちつつ、脳の制…
ページ上部へ戻る