プライオメトリクスと障害予防

プライオメトリクスは障害予防に有益な効果をもたらすと言われています。

実際、プライオメトリクストレーニングを実施したあと、運動競技中の傷害発生率が低下することが研究により明らかにされています。

また、適切なトレーニングは骨塩量、筋の動員、筋力、さらに身体コントロールとバランスを改善することも明らかになっています。

プライオメトリクスを通じて、神経筋系に素早いSSCの実行を体得させ、また適切なトレーニングテクニックとバイオメカニクスに重点を置くことによって、運動連鎖において、すべての関節をコントロールする能力を高めることができます。

これにより全身の安定性が向上すると言われています。

また、プライオメトリクスは動的な関節の安定性を改善し、活動中に身体をコントロールする能力を高めます。

これは、膝蓋大腿部痛症候群や前十字靭帯損傷など、膝の傷害リスク低下に役立つと言えます。

さらに身体コントロール能力の向上により、骨折の原因となる転倒の危険性が低下する可能性があると考えられています。

しかし、これらの研究結果をすべてに適用することは簡単ではありません。

プライオメトリクスの要素のひとつは、運動における伸張性局面のコントロールであり、この伸張性のコントロールが傷害の危険性を低下させることが研究により示唆されています。

つまり、プライオメトリクスが必ずしも全ての人間に有効というわけではなく、それが適切でない場合は伸張性トレーニングを行うことでその効果が見込めるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  2. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  3. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  4. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  5. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
ページ上部へ戻る