プライオメトリクスと障害予防

プライオメトリクスは障害予防に有益な効果をもたらすと言われています。

実際、プライオメトリクストレーニングを実施したあと、運動競技中の傷害発生率が低下することが研究により明らかにされています。

また、適切なトレーニングは骨塩量、筋の動員、筋力、さらに身体コントロールとバランスを改善することも明らかになっています。

プライオメトリクスを通じて、神経筋系に素早いSSCの実行を体得させ、また適切なトレーニングテクニックとバイオメカニクスに重点を置くことによって、運動連鎖において、すべての関節をコントロールする能力を高めることができます。

これにより全身の安定性が向上すると言われています。

また、プライオメトリクスは動的な関節の安定性を改善し、活動中に身体をコントロールする能力を高めます。

これは、膝蓋大腿部痛症候群や前十字靭帯損傷など、膝の傷害リスク低下に役立つと言えます。

さらに身体コントロール能力の向上により、骨折の原因となる転倒の危険性が低下する可能性があると考えられています。

しかし、これらの研究結果をすべてに適用することは簡単ではありません。

プライオメトリクスの要素のひとつは、運動における伸張性局面のコントロールであり、この伸張性のコントロールが傷害の危険性を低下させることが研究により示唆されています。

つまり、プライオメトリクスが必ずしも全ての人間に有効というわけではなく、それが適切でない場合は伸張性トレーニングを行うことでその効果が見込めるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-19

    ピリオダイゼーション

    スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニング…
  2. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  3. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  4. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  5. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
ページ上部へ戻る