プライオメトリクスと障害予防

プライオメトリクスは障害予防に有益な効果をもたらすと言われています。

実際、プライオメトリクストレーニングを実施したあと、運動競技中の傷害発生率が低下することが研究により明らかにされています。

また、適切なトレーニングは骨塩量、筋の動員、筋力、さらに身体コントロールとバランスを改善することも明らかになっています。

プライオメトリクスを通じて、神経筋系に素早いSSCの実行を体得させ、また適切なトレーニングテクニックとバイオメカニクスに重点を置くことによって、運動連鎖において、すべての関節をコントロールする能力を高めることができます。

これにより全身の安定性が向上すると言われています。

また、プライオメトリクスは動的な関節の安定性を改善し、活動中に身体をコントロールする能力を高めます。

これは、膝蓋大腿部痛症候群や前十字靭帯損傷など、膝の傷害リスク低下に役立つと言えます。

さらに身体コントロール能力の向上により、骨折の原因となる転倒の危険性が低下する可能性があると考えられています。

しかし、これらの研究結果をすべてに適用することは簡単ではありません。

プライオメトリクスの要素のひとつは、運動における伸張性局面のコントロールであり、この伸張性のコントロールが傷害の危険性を低下させることが研究により示唆されています。

つまり、プライオメトリクスが必ずしも全ての人間に有効というわけではなく、それが適切でない場合は伸張性トレーニングを行うことでその効果が見込めるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-1

    大きな力を発揮するために

    筋肉が力を発揮する源は、筋原線維にあるミオシンのクロスブリッジがアクチンを引き込むことです。…
  2. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  3. 2016-3-13

    睡眠欲求の2つのプロセス

    睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がか…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2015-6-22

    リクルートメントとレートコーディング

    筋肉の収縮は興奮収縮連関によって生じ、運動単位は筋収縮の基本単位となります。ある特定の筋の収縮力…
ページ上部へ戻る