姿勢の制御とは

姿勢制御には、視覚・前庭・体性感覚からの情報が重要な役割をしています。

例えば、暗闇のなかで歩くとき、自分の体が垂直位にあるのかどうかわからなくなることがあります。

また、そのようなとき、膝を曲げて足の指に力を入れて歩いていることに気づくことがあります。

これは視覚が欠如したことによる情報量の減少の結果であり、足の指に力を入れて歩くのは視覚情報の欠如を体性感覚で補おうとする適応過程を意味します。

立位において、足底感覚や視覚からの情報が欠如したり、身体の動揺に合わせて床が動いたり、筒のようなものを被り頭部の動きと一緒に視覚環境が動くように感覚情報が歪められたりすると、重心動揺が増します。

特に高齢者においては、足底感覚の歪みや視覚情報の欠如、歪みがあると急激に重心動揺が増加します。

これらは感覚情報を結合する感覚ストラテジーや感覚運動系を調整する適応メカニズムの低下を意味します。

物体の安定性の限界は支持基底面の広さと空間的重心位置によって決定されます。

人においては、支持基底面を変化させずに重心の位置を移動できる限界域をいいます。

立位姿勢においては、足底の位置や杖などを使うことにより支持基底面が変化し、構えの違いにより重心位置が変化するため、安定性の限界は姿勢の違いにより変化します。

通常、人は姿勢変化を体性感覚や視覚、前庭感覚などからの情報により知覚し、その姿勢における安定性の原価を内的表象や身体スキーマとして認知し、動作や作業範囲を保証しています。

新しい技能や姿勢調整の学習、運動の発達過程における感覚系の関与により、視覚情報優位から体性感覚優位へと感覚情報の寄与率が変化します。

学習に伴い動作が自動化されると、視覚情報への依存性が減少して体性感覚情報への依存性が高まります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-11

    IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ

    体幹は身体質量の約65%を占めドロップジャンプ動作の着地局面における体幹の慣性モーメントは下肢の慣性…
  2. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  3. 2015-1-10

    3つの動きが生み出す可能性

    今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと…
  4. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    『別腹』って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  5. 2016-1-23

    アクティブタッチとは

    私たちは、そこにあるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触ることで判断して…
ページ上部へ戻る