運動の抗うつ効果

運動は、うつの人に対して効果が大きいとされています。

薬物療法に比べ、運動療法は、体脂肪の減少、心疾患、高血圧などの軽減が望め、多くの人に好ましい影響であるといえます。

多くの人が、生活の中でストレスを感じる出来事によって一時的なうつ状態を起こすため、運動はストレスに対処し気分を改善させる適切で効果的な方法になると思われます。

運動によるうつの抑制は主に、不安の抑制からなるものですが、それ以外にもさまざまなメカニズムを通じてうつを抑制します。

関連する可能性として脳内の生体アミンの分泌によるものだと考えられています。

抗うつ効果のある重要なセロトニンの中枢濃度は、運動中や運動後に上昇します。

運動はまた、ドーパミンとその受容体の結合感応性を高めるため、うつやパーキンソン病を軽減させると言われています。

中枢神経系内のドーパミンは運動により維持され、さらにうつの予防だけでなく、運動学習にとっても重要であることが明らかになっています。

うつ状態で低下するもう1つの神経伝達物質であるノルアドレナリンもまた運動とともに増加します。

これらの生体アミンによるもの以外でも、トレーニング環境での人との交流、達成感や自己効力感の高まりからも効果が得られるであろうと考えられます。

このような自覚は、運動に伴う筋力や持久力の向上と併せて、生活の質を高め、自立した生活の維持に貢献することでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  2. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  3. 2014-10-1

    プロバイオティクスによる健康法

    昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
  4. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  5. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
ページ上部へ戻る