声変わりとは

変声は、思春期の第二次性徴でみられる声の変化です。

男女両方にみられますが、特に男子で顕著となります。

男子の変声は、おおよそ13歳を中心にあらわれます。

ヒトが発声するための器官の中で変声に対し最も特徴的な変化を示すのが、喉頭となります。

甲状軟骨正中線上縁が前方に突出することにより、喉頭の枠組みが前後に拡大し、両側の甲状軟骨板のなす角度は鋭角になります。

これにより声帯の長さが急速に増加します。

この急激な変化によって、発声中には一時的な内喉頭筋の機能失調が起こり、声の高さや声区の調節が困難になります。

男女ともに10歳までは声帯の長さにはほとんど差がなく、おおよそ5mmと言われています。

その後は一時的に女子のほうが声帯長が増加しますが、16歳以降はその増加は頭打ちとなります。

10歳からの増加は約3mmであると言われています。

一方、男子では、13歳以降に急激な声帯長の増加が始まり、その伸びは18歳を超えても続き、10歳からの増加は7mm以上に達します。

多くの男子は14歳になる頃には女子の声帯長を追い越しています。

男子にあらわれる変声期の声の変化は3つの期分けがなされています。

前期は、何となく声が出難い、高温が出ない、声がかすれる、のどがむずむずするなどがあります。

最盛期では、声域が狭くなり、声の翻転(裏返り)が起こる、声の高さが調節し難い等が挙げられます。

後期は、声域が1オクターブ下方へ拡大し、話声位も1オクターブ下がります。

この時には裏声との違いが顕著にわかるようになります。

最盛期の平均年齢が13歳で、初期から後期までの経過期間は個人差あり、3ヶ月から1年と言われています。

体格的には、変声前期は身長の伸びが著しい時期に一致し、後期は体重の増加が著しい時期に一致するとも言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
  2. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  3. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  4. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  5. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
ページ上部へ戻る