運動に伴う筋痛は、運動中、運動直後、運動数時間後あるいは数日後に発現する。
そして、その痛みの原因は、筋線維や筋膜の部分的断裂、筋疲労、筋痙攣などとされており、それらが筋痛を誘発するとされている。

中でも、運動中あるいは運動直後には痛みは全くなく、一般的にトレーニン グ習慣のない筋群にたいして運動後数時間から8時間程度経過してから痛みが発現し、24~72時間後にピークに達し、1週間程度で消失する痛みを遅発性筋痛と呼んでいる。

近年最も注目されているのが,筋や結合組織の損傷が炎症反応を引き起こす「損傷炎症説」である。
しかし、この説には矛盾点も指摘されており、損傷炎症説が正しいとはいいきれない 。

一方、筋や結合組織の損傷あるいは運動そのものが活性酸素発生を誘発することから、運動時および損傷発生修復時の活性酸素発生が生体組織の二次的損傷を引き起こす可能性も指摘されている。

DOMSの抑制および痛みの軽減のために、マッサージ、アイシング、ストレッチなどの理学的処置が多用されている。

特にアイシングに関しては、アイシング処置を施すことでDOMSの軽減が有効であると報告しているものも多い。

しかし、アイシングがDOMSの軽減には有効でないと報告している論文も多数ある。

このように、先行研究では貝解が一致していないケースが多いのも事実である。

アイシングは、スポーツ活動において多用される理学的救急処置のひとつであり、DOMSにおける有効性を検討することはアイシングの一般的な有効性を検討する意味でも重要で今後の追加研究が行われていくのを期待する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  2. 2014-9-27

    スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  3. 2015-3-13

    骨を鳴らすと太くなる?

    皆さんのなかにもついつい無意識に指や首の骨をポキポキ鳴らしてしまう方がいると思います。このと…
  4. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
  5. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
ページ上部へ戻る