運動に伴う筋痛は、運動中、運動直後、運動数時間後あるいは数日後に発現する。
そして、その痛みの原因は、筋線維や筋膜の部分的断裂、筋疲労、筋痙攣などとされており、それらが筋痛を誘発するとされている。

中でも、運動中あるいは運動直後には痛みは全くなく、一般的にトレーニン グ習慣のない筋群にたいして運動後数時間から8時間程度経過してから痛みが発現し、24~72時間後にピークに達し、1週間程度で消失する痛みを遅発性筋痛と呼んでいる。

近年最も注目されているのが,筋や結合組織の損傷が炎症反応を引き起こす「損傷炎症説」である。
しかし、この説には矛盾点も指摘されており、損傷炎症説が正しいとはいいきれない 。

一方、筋や結合組織の損傷あるいは運動そのものが活性酸素発生を誘発することから、運動時および損傷発生修復時の活性酸素発生が生体組織の二次的損傷を引き起こす可能性も指摘されている。

DOMSの抑制および痛みの軽減のために、マッサージ、アイシング、ストレッチなどの理学的処置が多用されている。

特にアイシングに関しては、アイシング処置を施すことでDOMSの軽減が有効であると報告しているものも多い。

しかし、アイシングがDOMSの軽減には有効でないと報告している論文も多数ある。

このように、先行研究では貝解が一致していないケースが多いのも事実である。

アイシングは、スポーツ活動において多用される理学的救急処置のひとつであり、DOMSにおける有効性を検討することはアイシングの一般的な有効性を検討する意味でも重要で今後の追加研究が行われていくのを期待する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
  2. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  3. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  4. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  5. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
ページ上部へ戻る