運動に伴う筋痛は、運動中、運動直後、運動数時間後あるいは数日後に発現する。
そして、その痛みの原因は、筋線維や筋膜の部分的断裂、筋疲労、筋痙攣などとされており、それらが筋痛を誘発するとされている。

中でも、運動中あるいは運動直後には痛みは全くなく、一般的にトレーニン グ習慣のない筋群にたいして運動後数時間から8時間程度経過してから痛みが発現し、24~72時間後にピークに達し、1週間程度で消失する痛みを遅発性筋痛と呼んでいる。

近年最も注目されているのが,筋や結合組織の損傷が炎症反応を引き起こす「損傷炎症説」である。
しかし、この説には矛盾点も指摘されており、損傷炎症説が正しいとはいいきれない 。

一方、筋や結合組織の損傷あるいは運動そのものが活性酸素発生を誘発することから、運動時および損傷発生修復時の活性酸素発生が生体組織の二次的損傷を引き起こす可能性も指摘されている。

DOMSの抑制および痛みの軽減のために、マッサージ、アイシング、ストレッチなどの理学的処置が多用されている。

特にアイシングに関しては、アイシング処置を施すことでDOMSの軽減が有効であると報告しているものも多い。

しかし、アイシングがDOMSの軽減には有効でないと報告している論文も多数ある。

このように、先行研究では貝解が一致していないケースが多いのも事実である。

アイシングは、スポーツ活動において多用される理学的救急処置のひとつであり、DOMSにおける有効性を検討することはアイシングの一般的な有効性を検討する意味でも重要で今後の追加研究が行われていくのを期待する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-9-4

    胸椎のアライメント

    上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸…
  2. 2016-5-11

    筋線維の壊死と再生

    筋線維の壊死は、細胞膜の破壊から始まります。このとき、細胞膜を裏打ちしているジストロフィンと…
  3. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
  4. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  5. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
ページ上部へ戻る