肘関節の屈曲と伸展の考察

肘の屈曲により、引っ張る、持ち上げる、摂食する、身づくろいをするなどいくつかの重要な生理学的機能が可能になります。

たとえば、摂食するときに自動的に手を口にもっていくことが不可能となれば、自立レベルは著しく制限されることになります。

C5以上の脊髄損傷を受けた人では肘屈筋の完全麻痺によってこの重度な障害が出現します。

肘伸展は、投げる、押す、リーチの各動作に不可欠な動作となります。

肘の屈曲拘縮による肘の完全伸展の制限は肘屈筋群の著名な短縮によって生じます。

屈曲し短縮位での長期間の不動状態後にこの筋群は異常に短縮します。

この長期間の屈曲は、骨折後のギプス固定や外傷性異所性骨化、骨棘形成、肘関節炎や浸出液による腫脹、肘屈筋群の痙性、三頭筋麻痺、肘前面の皮膚の瘢痕の結果として生じます。

これら屈筋群の短縮のほかに前関節包や内側側副靭帯前部線維束の短縮が原因で起こることもあります。

他動運動での最大可動域は、5°過伸展から145°屈曲まで可能です。

研究によると、日常生活活動では通常、30°〜130°の限定された可動範囲のみが利用されることが判明しています。

膝のような下肢の関節と異なり、肘で最終域付近での可動性喪失が起こってもその結果生じる機能障害は最小限度にとどまることが多いと言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  2. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  3. 2016-11-26

    鵞足炎

    鵞足炎は、ランニングやジャンプ、切り返し動作などを繰り返すことにより、鵞足を形成する筋群に過度な負担…
  4. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  5. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
ページ上部へ戻る