胸腔と椎間板と脊柱

膝を屈曲し体幹を垂直にして10kgの重量を持つと、S1を通る下方への力は、傍脊柱筋に141kgの負荷を及ぼします。

同じ重量を、膝を伸展し体幹を前屈して持ち上げると250kgの力が要求され、もし同じ重量を腕を伸展させて持つと363kgとなります。

同時に、腰仙部椎間板に作用する力は282~726kg、もしくは1200kgに等しい値となり、後者の値は椎間板を破壊するのに必要な力(若年者で800kg、高齢者で450kg)を明らかに備えていると考えられます。

この明らか負荷重量の相違は、2つの理由によって説明されます。

1つは、椎間板に伝わる全衝撃力が、髄核のみで支えているわけではないことが挙げられます。

椎間板に力が加えられると、髄核にはその7割ほどが伝えられ、残りの3割は線維輪に分散されると言われています。

髄核に比べ、線維輪は衝撃を支える働きが弱いため、椎間板に作用する力が軽減されにくいというわけです。

第2に、体幹を全体的に捉えたとき、腰仙部と腰部椎間板にかかる圧力が軽減分散されることによります。

重りを持ち上げるとき、声門とすべての腹腔の出口を閉じるバルサルバ効果が自然と働きます。

バルサルバ効果は、呼気筋群、特に腹筋群の収縮によって胸腹腔を閉鎖された腔にします。

このようにして橋腹腔の内圧が上昇すると、脊柱の前面は硬い梁のようなものに変わり、骨盤や会陰に力に伝達します。

この膨張構造の存在によって、椎間板に作用する長軸方向の圧力を減少させています。

例えば、Th2-L1間では50%、L5-S1間では30%減少させます。

同様に傍脊柱筋に及ぼされる力は55%減少します。

したがって、このメカニズムは脊柱を保護するのに大変有益となりますが、非常に短い時間しか作用しません。

また、完全な無呼吸状態になるため、心血管系に与える影響が大きく、例えば脳静脈圧上昇、静脈還流減少、肺毛細血管減少、肺血管抵抗増大をもたらします。

このメカニズムが働くのは、腹筋群が正常で、しかも声門や腹腔の出口が閉鎖されることが予想されるときであり、腹腔内の内圧上昇は、最終的には椎骨静脈叢に血流を送り、結果的に脳脊髄圧上昇をもたらします。

このような状態は無制限に続くわけではなく、重い物を持ち上げるときのように短時間にしか起こりません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  2. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  3. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  4. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る