手関節の内在・外在の靭帯

手の関節の靭帯は、外在・内在の2つに大きく分類されます。

外在靭帯は、手根骨と同様に橈骨、尺骨もしくはTFCCに付着します。

内在靭帯は、手根骨間にのみの連結です。

手関節のほとんどの靭帯は、掌側面、または背側面に付着していますが、橈側・尺側側副靭帯は、各々がより内側、外側へ走行しています。

掌側の靭帯は、より厚く、より強くなっており、背側靭帯に比べ、手関節の安定性に寄与しています。

手関節の靭帯の全体的なシステムに対する研究によれば、橈骨と舟状骨、月状骨、三角骨、有頭骨の4つの手根骨には、広く靭帯が付着しています。

靭帯はまた、月状骨に収束している近位靭帯や有頭骨に収束している遠位靭帯のように、手の中心線における収束のパターンを形成しています。

手関節の外在靭帯は、背側面、掌側面、橈側面、尺側面において橈骨手根関節の関節包を補強しています。

これらの靭帯は、橈骨手根関節と手根中央関節の支持性を高めています。

掌側部には、最も厚く、最も広い外在靭帯があります。

解剖学的には、5つ大きな靭帯を掌側橈骨手根靭帯、尺骨複合体、背側橈骨手根靭帯、橈骨側副靭帯、尺骨側副靭帯と記述されます。

外在靭帯もまた、それぞれの手根骨への線維束がより分離しており、それぞれが個別の役割を果たします。

靭帯性の収束の名称は骨の付着に由来しているため、解剖学書の著者間でも相違があります。

こういった手関節の靭帯の名称には明らかな相違がありますが、基本的組織体は同じです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  2. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  3. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  4. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  5. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
ページ上部へ戻る