肘関節の靭帯複合体

肘関節は通常、外反アライメントからなっており、外反ストレスを受けやすくなっています。

野球などのようにm上手投げの投球動作は、臥位反ストレスをより増加させます。

したがって、肘のMCLがLCLと比較して広範囲で複雑な靭帯であることは言うまでもありません。

肘MCLは屈曲‐伸展の可動域を通じた過度な外反から関節を保護しています。

MCLの後部線維が肘関節屈曲時に緊張し、同様に、MCLの前部は伸展時に緊張します。

それぞれが異なった関節角度で支持作用を有していることが示唆されています。

MCL前部線維最前部は、伸展時、中間部は屈曲の中間域、最後部は、MCL最後部はMCL後部線維とともに屈曲の最終域で緊張します。

MCL前部線維は、屈曲‐伸展の中間の関節可動域における過度な外反に対する主な保護機能を発揮しています。

こうしたMCLの複合体によって、肘関節はその全可動域を外反変位から保護されています。

対して、LCLは上腕骨外側上顆に付着し、3つの線維束に分けられます。

その1つは外側尺骨側副靭帯として知られており、尺骨の回外筋稜の近位部に付着します。

LCLの橈骨部は、橈骨側副靭帯として知られており、外側上顆から前部、中部、後部に分かれ、橈骨輪状靭帯へ扇状に伸びています。

LCLの第3の構成要素は、副外側側副靭帯として知られ、橈骨輪状靭帯から回外筋稜へ走行しています。

これらLCLの3要素は、過度な内反変位に対してする安定性要素として機能しています。

MCLと同様に、各要素が安定性に対しての機能を有しています。

とくに、橈骨側副靭帯の中部線維は屈曲‐伸展の可動域全域にわたり緊張し、前部・後部線維の屈曲・伸展時にそれぞれ緊張しています。

外側尺骨側副靭帯は、肘関節最大屈曲時に緊張しますが、屈曲・伸展のどの角度においても内反ストレスが加わったときに緊張します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
  2. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  3. 2014-12-15

    運動連鎖とは

    トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。運…
  4. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  5. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
ページ上部へ戻る