関節保護を行うための内的トルクの修正

リハビリテーショにおけるいくつかの治療は、身体活動を行う際の関節応力の大きさを減じる目的で行われます。

このような治療の目的は、弱化したまたは痛みのある関節を、大きくかつ関節を損傷する可能性がある力から守ることにあります。

その目的は、活動する頻度、パワーを抑える、緩衝材(インソールなど)をつくる、筋に求められる機械的な力を制限することなどがあります。

例えば、人工関節置換術をした患者にとっては、大きな筋力による関節応力を最小限に留めることが求められます。

股関節の置換術後の患者を例とすると、股関節外転筋による不必要に大きな力が生じないよう指導されることがあります。

歩行中、単脚支持時にあるときの大腿骨と骨盤が、前額面上で静的平衡状態を保つためには、立脚側股関節回りの内的トルクと外的トルクが釣り合う必要があります。

シーソーを例にして考えると、時計回りに対して反時計回りの力が釣り合っていなければ平衡状態を保てないということです。

つまり、体重とそのモーメントアームの積が、股関節外転筋力とそのモーメントアームの積が等しくある必要があります。

しかし、股関節回りの外的モーメントアームは、内的モーメントアームの約2倍の長さがある点を考慮しなければなりません。

このモーメントアームの違いにより、静的状態を保持するための筋力は体重の2倍の値が要求されます。

理論的には、体重の増加を防ぎ、軽い荷物を持つ、または適切な位置に軽い荷物をもつことで、外力または外的モーメントアームを減らすことができ、股関節回りの外的モーメントアームを減らすことができます。

外的トルクの減少は股関節外転筋に求められる力を大幅に減らし、人工関節にかかる関節応力を減らすことができます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  2. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  3. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  4. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  5. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
ページ上部へ戻る