水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては極めて重要な役割を果たしている物質といえる。

生体における水分の主たる役割は、細胞機能の維持・物質の運搬・体温調節である。

スポーツ・運動による体温上昇を抑えるために、発汗現象が起こる。
とくに、暑熱環境下におけるスポーツ・運動での発汗作用が亢進するので、水分需要量が著しく上昇する。

水分は胃では吸収されず、ほとんどが腸において吸収されるので、できるだけ速く胃を通過し、腸に達するような飲料を選ぶ必要がある。
つまり、水分補給のポイントはどれくらいの量を飲めるかということよりは、飲んだものがいかに速やかに胃を通過することができ、体内に吸収されるかである。

この胃から腸へと摂取した飲料が排出される速度(胃内容排出速度 )に影響を及ぼす要因としては、飲料物の量と温度、運動の強さの他に、飲料に含まれている炭水化物や電解質などの基質の濃度 (モル濃度 )によって決定される浸透圧であることが知られている。
また運動中に摂取される飲料は純粋な水ばかりでなく、運動中のエネルギー補給を目的として、果糖やショ糖などエネルギ ー源栄養素(糖質 )が含まれている場合が多い。

飲料中に含まれている糖質濃度が高いほど胃に水分が滞留する時間が長くなり腸での水分吸収が遅くなる。
なので、エネルギー量が同じなら、溶液中の粒子数がより少ない糖質の方が吸収が速い。

同じ浸透圧でかなり多くの糖質工ネルギーを供給することができる。

飲料の濃度が濃すぎると浸透圧が高くなり水分が体液から腸内へと移動して、飲料を薄めようとするので、水分は吸収されない。
飲料の濃度が体液の濃度より低い場合 (低張液 )には、腸から水分が吸収される、このような理由により、いわゆるスポーツドリンクでは一般の清涼飲料水より糖分が低く抑えられている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  2. 2014-12-1

    ヒトの生命維持装置とも言えるホメオスタシス

    今日は、ホメオスタシスについてお話します。まずホメオスタシスとは?についてですが、簡単にいえ…
  3. 2016-9-6

    ケトジェニックダイエット

    ヒトが活動するためにはエネルギー代謝が不可欠です。その中でも主なものはブトウ糖など糖質を…
  4. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  5. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
ページ上部へ戻る