骨腱接合部(エンテーシス)とは

腱の骨への接合部は、組織の柔軟性が腱から骨に変化する部位です。

繊維軟骨性エンテーシスと線維性エンテーシスの2種類のエンテーシスがあります。

組織性エンテーシスは、表在性の腱が骨幹端部または骨膜に付着する構造となっています。

繊維軟骨性エンテーシスは、腱が骨に段階的な層構造をとりながら付着する様式で、腱、線維軟骨層、石灰化線維軟骨層、骨の4層構造となっています。

この接合部の厚さはさまざまであり、その厚さは骨と腱の間に発生する動きや負荷に依存します。

非石灰化線維軟骨層においてはタイプIIコラーゲン線維束の間に円形の細胞が配列しています。

腱細胞と異なり、これらの細胞は細胞突起を有さず、ほかの細胞と連結しています。

そのため、骨細胞と腱細胞間に細胞レベルでの連結はありません。

明確な境界(タイドマーク)が石灰化線維軟骨層と非石灰化線維軟骨層を分けています。

このタイドマークは石灰化線維軟骨層と非石灰化線維軟骨層に連続するさまざまな直径、さまざまな配列をした密なコラーゲン線維から構成されています。

エンテーシスは、柔軟性のある腱から硬い骨に徐々に機械的特性が変化する部位となります。

線維軟骨では線維の方向が決定され、骨への力の伝達に関与しています。

腱から伝わる負荷に応じ線維方向の曲がりが大きくなればなるほど、エンテーシスにおける線維軟骨が著明に存在するようになります。

またエンテーシスは、腱が伸張する際、骨腱接合部が狭くならないような、断面積が小さくならないような役割を有しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-13

    競技力アップのための「専門スキル」

    いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつ…
  2. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  3. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  4. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  5. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
ページ上部へ戻る