股関節の関節運動

股関節は、大腿骨頭と寛骨臼からなる関節です。

股関節は楕円球とソケットからなる関節であり、人体において最大の滑膜関節です。

この関節は靭帯結合が強力で適合性も良好のため、非常に安定かつ強固な関節です。

股関節の主要な機能は、歩行およびランニング運動ですが、股関節の動きは体幹の動きにとっても重要です。

同一個体の左右の股関節は3方向の自由度をもちます。

大腿骨頭はその2/3が球形であり、直径は4〜5cmとなります。

骨頭は大腿骨頸部により支持され、大腿骨頸部は骨幹部と約125°の角度をなしています。

大腿骨頸部は骨幹部を骨盤の外側に位置させることで、股関節の運動性を高めています。

寛骨臼関節窩は凹面を前方、外方、下方に向けています。

股関節のclose pack position、すなわち関節包および周辺の靭帯のほとんどが緊張し、かつ関節面の適合性の良好な肢位は、伸展・内旋・外転位です。

股関節のloose pack position、すなわち関節包および靭帯のほとんどがゆるみ、関節適合性も不良な肢位は、屈曲・外旋・内転位となります。

股関節の適合性は荷重時のみ良好であり、その他の肢位では不良であるとされています。

歩行時においては、股関節は、踵接地期にはloose pack position、踵離床期にはclose pack positionとなり、歩行周期ではこれを繰り返しています。

踵接地期のloose pack positionは、股関節・大腿の筋が遠心性に収縮する際の接地時の衝撃を吸収するために必要であり、一方、踵離床期でのclose pack positionは体幹を前進させる際、股関節・大腿の筋が求心性に収縮し大腿骨を押し下げるために必要となります。

股関節は、前額面、矢状面、水平面の3方向の自由度を有し、矢状面では伸展10〜15°、屈曲135°であり、前額面では外転30〜45°であり、内転20〜30°、内旋30〜75°、外旋25〜75°となります。

前額面、水平面での股関節の可動域は個人差が大きいですが、健常者や若年者での同一個体での左右差は殆どありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  2. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  3. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  4. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  5. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
ページ上部へ戻る