股関節の関節運動

股関節は、大腿骨頭と寛骨臼からなる関節です。

股関節は楕円球とソケットからなる関節であり、人体において最大の滑膜関節です。

この関節は靭帯結合が強力で適合性も良好のため、非常に安定かつ強固な関節です。

股関節の主要な機能は、歩行およびランニング運動ですが、股関節の動きは体幹の動きにとっても重要です。

同一個体の左右の股関節は3方向の自由度をもちます。

大腿骨頭はその2/3が球形であり、直径は4〜5cmとなります。

骨頭は大腿骨頸部により支持され、大腿骨頸部は骨幹部と約125°の角度をなしています。

大腿骨頸部は骨幹部を骨盤の外側に位置させることで、股関節の運動性を高めています。

寛骨臼関節窩は凹面を前方、外方、下方に向けています。

股関節のclose pack position、すなわち関節包および周辺の靭帯のほとんどが緊張し、かつ関節面の適合性の良好な肢位は、伸展・内旋・外転位です。

股関節のloose pack position、すなわち関節包および靭帯のほとんどがゆるみ、関節適合性も不良な肢位は、屈曲・外旋・内転位となります。

股関節の適合性は荷重時のみ良好であり、その他の肢位では不良であるとされています。

歩行時においては、股関節は、踵接地期にはloose pack position、踵離床期にはclose pack positionとなり、歩行周期ではこれを繰り返しています。

踵接地期のloose pack positionは、股関節・大腿の筋が遠心性に収縮する際の接地時の衝撃を吸収するために必要であり、一方、踵離床期でのclose pack positionは体幹を前進させる際、股関節・大腿の筋が求心性に収縮し大腿骨を押し下げるために必要となります。

股関節は、前額面、矢状面、水平面の3方向の自由度を有し、矢状面では伸展10〜15°、屈曲135°であり、前額面では外転30〜45°であり、内転20〜30°、内旋30〜75°、外旋25〜75°となります。

前額面、水平面での股関節の可動域は個人差が大きいですが、健常者や若年者での同一個体での左右差は殆どありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  2. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  3. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  4. 2015-10-26

    喫煙と栄養学の関係

    タバコを吸うことによって、ニコチンなどの有害物質が体内に侵入してきます。喫煙によって体にもた…
  5. 2016-2-21

    ジュニア期での運動パターンの獲得

    人間は、80を超える基礎的運動パターンをもっています。この基礎的運動パターンを6~7歳頃までに習…
ページ上部へ戻る