ショパール関節とリスフラン関節

ショパール関節(横足根関節)は、踵骨、距骨、舟状骨、立方骨の4つの骨から構成される関節の複合体です。

分類上は、滑膜関節で平面関節となります。

この関節は、距骨下関節の前方部分の一部である距舟関節と踵骨前外側部、立方骨をつなぐ踵立方関節から構成され、独立した関節包をもっています。

ショパール関節は、長軸と斜軸という2つの基本運動軸をもっています。

長軸回りの運動は回内と回外で、斜軸回りの運動は内がえし、外がえしとなります。

ショパール関節の可動性hが、距骨下関節が回内すると増加し、回外すると減少します。

関節の内側部では、背側距舟靭帯とより強靭な底側踵舟靱帯(スプリング靭帯)が関節を支持しており、足部内側アーチを保持する上で重要な役割を担っています。

外側部では長足底靭帯が表層にあり、踵立方関節の支持と足部アーチの保持を補助しています。

短足底靭帯は、深層で踵立方関節のみを支持しており、外背側では、二分靭帯が関節を支持しています。

リスフラン関節(足根中足関節)は、立方骨、3つの楔状骨、5本の中足骨を連結する多数の平面関節から構成される滑膜関節です。

この関節は、内側、中間および外側の3つの部分に分けてその機能が解釈されます。

内側部は、内側楔状骨と第一中足骨基部の間を連結しています。

この部分の主な運動は、底屈・背屈になりますが、背屈にともなって内転や回内も生じます。

中間部は、第二中足骨基部が3つの楔状骨の間のへこみにはまり込む構造をとっており、可動性は低くなっています。

外側部は、第三、四、五中足骨が外側楔状骨や立方骨の間に連結する関節で、基本的な運動方向は内がえし・外がえしとなります。

可動性の低い第二趾列を支柱とした、第一中足骨、第三、四、五中足骨の運動によって、前足部の回内・回外は調節されています。

これらリスフラン関節は、それぞれ背側、底側、骨間靭帯で支持されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  2. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  3. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  4. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?筋肉を…
  5. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
ページ上部へ戻る