ショパール関節とリスフラン関節

ショパール関節(横足根関節)は、踵骨、距骨、舟状骨、立方骨の4つの骨から構成される関節の複合体です。

分類上は、滑膜関節で平面関節となります。

この関節は、距骨下関節の前方部分の一部である距舟関節と踵骨前外側部、立方骨をつなぐ踵立方関節から構成され、独立した関節包をもっています。

ショパール関節は、長軸と斜軸という2つの基本運動軸をもっています。

長軸回りの運動は回内と回外で、斜軸回りの運動は内がえし、外がえしとなります。

ショパール関節の可動性hが、距骨下関節が回内すると増加し、回外すると減少します。

関節の内側部では、背側距舟靭帯とより強靭な底側踵舟靱帯(スプリング靭帯)が関節を支持しており、足部内側アーチを保持する上で重要な役割を担っています。

外側部では長足底靭帯が表層にあり、踵立方関節の支持と足部アーチの保持を補助しています。

短足底靭帯は、深層で踵立方関節のみを支持しており、外背側では、二分靭帯が関節を支持しています。

リスフラン関節(足根中足関節)は、立方骨、3つの楔状骨、5本の中足骨を連結する多数の平面関節から構成される滑膜関節です。

この関節は、内側、中間および外側の3つの部分に分けてその機能が解釈されます。

内側部は、内側楔状骨と第一中足骨基部の間を連結しています。

この部分の主な運動は、底屈・背屈になりますが、背屈にともなって内転や回内も生じます。

中間部は、第二中足骨基部が3つの楔状骨の間のへこみにはまり込む構造をとっており、可動性は低くなっています。

外側部は、第三、四、五中足骨が外側楔状骨や立方骨の間に連結する関節で、基本的な運動方向は内がえし・外がえしとなります。

可動性の低い第二趾列を支柱とした、第一中足骨、第三、四、五中足骨の運動によって、前足部の回内・回外は調節されています。

これらリスフラン関節は、それぞれ背側、底側、骨間靭帯で支持されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
  2. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  3. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  4. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  5. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
ページ上部へ戻る