活動性の高いヒトに好発する膝窩動脈絞扼症候群

膝窩動脈絞扼症候群(popliteal artery entrapment syndrome : PAES)は、特に若く活動性の高い男性において、運動に誘発される下肢症状の原因として診断されます。

症状は、運動に誘発される痛み、痙攣、跛行、腓腹部や足部の痛みなどさまざまです。

さらに腓腹部や足部の皮膚蒼白、皮膚温低下、感覚鈍麻、しびれ感などが起こることがあります。

しかしながら、PAESはいまだにしばしば見落とされがちな疾患です。

このPAESですが、真の発生原因はまだ分かっておらず、胎生期の膝窩部の血管、筋の発達に関連するとされますが、慢性的な下肢のコンパートメント症候群もこれに関連すると言われています。

ある調査では、運動をする人が多い地域において高い発生率を認めたことから、胎生期の発育形成時の腓腹筋と膝窩動脈の奇形に加え、運動の結果肥大した筋と骨との間で動脈が圧迫されることも、動脈絞扼の原因として考えられます。

その他のまれなPAESの原因として大きな膝窩嚢腫や膝窩部の線維性帯状物がみられることがあります。

PAESは繰り返し進行する膝窩動脈の圧迫によるものであり、最終的には動脈壁を損傷し動脈瘤や局所的なアテローム性動脈硬化の形成が起こります。

症例によっては、突然の動脈閉塞や動脈瘤内の血栓により急性虚血に陥ることがあります。

最も起こりやすい症状は前述の通り、運動により誘発される進行性の疼痛です。

また、その多くで跛行が認められ、特に速い歩行において認められることが多いとされています。

さらに、急性または慢性の下肢虚血症状を有している症例もありますが、その多くは脛骨の疲労による痛みと診断されており、血管障害であると認識されることが少ないとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  2. 2016-2-11

    関節軟骨とその特性

    関節の運動は滑液の拡散を促進し軟骨への酸素や栄養の供給を促すことで軟骨の維持に関与します。…
  3. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  4. 2016-1-18

    神経動態における「神経の容器」と「機械的なインターフェース」

    「神経の容器」と「機械的なインターフェース」の2つの概念は身体の動きがどのように神経組織に影響するの…
  5. 2016-2-21

    卵円孔開存と片頭痛

    心臓は4つの部屋からなっており、まず縦の壁である心房中隔と心室中隔によって完全に左右に分けられます。…
ページ上部へ戻る