活動性の高いヒトに好発する膝窩動脈絞扼症候群

膝窩動脈絞扼症候群(popliteal artery entrapment syndrome : PAES)は、特に若く活動性の高い男性において、運動に誘発される下肢症状の原因として診断されます。

症状は、運動に誘発される痛み、痙攣、跛行、腓腹部や足部の痛みなどさまざまです。

さらに腓腹部や足部の皮膚蒼白、皮膚温低下、感覚鈍麻、しびれ感などが起こることがあります。

しかしながら、PAESはいまだにしばしば見落とされがちな疾患です。

このPAESですが、真の発生原因はまだ分かっておらず、胎生期の膝窩部の血管、筋の発達に関連するとされますが、慢性的な下肢のコンパートメント症候群もこれに関連すると言われています。

ある調査では、運動をする人が多い地域において高い発生率を認めたことから、胎生期の発育形成時の腓腹筋と膝窩動脈の奇形に加え、運動の結果肥大した筋と骨との間で動脈が圧迫されることも、動脈絞扼の原因として考えられます。

その他のまれなPAESの原因として大きな膝窩嚢腫や膝窩部の線維性帯状物がみられることがあります。

PAESは繰り返し進行する膝窩動脈の圧迫によるものであり、最終的には動脈壁を損傷し動脈瘤や局所的なアテローム性動脈硬化の形成が起こります。

症例によっては、突然の動脈閉塞や動脈瘤内の血栓により急性虚血に陥ることがあります。

最も起こりやすい症状は前述の通り、運動により誘発される進行性の疼痛です。

また、その多くで跛行が認められ、特に速い歩行において認められることが多いとされています。

さらに、急性または慢性の下肢虚血症状を有している症例もありますが、その多くは脛骨の疲労による痛みと診断されており、血管障害であると認識されることが少ないとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  2. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  3. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  4. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  5. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
ページ上部へ戻る