糖尿病と運動療法

I型糖尿病患者は、慢性合併症がなく血糖コントロールが良好であれば、ほとんどの種類やレベルのスポーツやエクササイズが可能です。

しかし、スキューバダイビングなど、予測できない事態が起こったり、バディシステムに依存しているものは不適当であると言えます。

糖尿病患者が運動プログラムを開始する際には、事前に十分な検査を行うことが重要です。

足部に加え心血管系、眼科系、神経系にも注意しなければなりません。

35歳以上か、または病歴が15年以上の糖尿病患者は、潜在性、無症候性の冠動脈疾患を除外するために安静時または運動負荷心電図を測定することが望ましいと言われています。

運動プログラムを開始する際には、安全に運動を行うために、定期的な血糖測定とそれに合わせたプログラムの調節が不可欠となります。

低血糖は、運動中と運動後14時間後までに起こる代表的な合併症であり、本人と運動のパートナーの両方はが、よく認識しておかなければなりません。

低血糖症状の一般的な特徴は、カテコールアミン放出と中枢神経障害の両方による二次的な症状や徴候となります。

発汗や震え、不安、動悸、衰弱、振戦、空腹、失神、頻脈などはすべてカテコールアミン放出により起こりうるものです、

錯乱、被刺激性、頭痛、異常行動、衰弱、複視、不適切な情動、協調運動不能、痙攣、昏睡などは中枢神経障害により起こります。

運動前の血糖値をもとにして、インスリン治療の方式と炭水化物摂取量を調節することにより、高血糖と低血糖の両方の危険を最小限にすることができます。

運動中や運動後の、糖を含んだ飲料による水分補給と炭水化物の多い食物の摂取により、運動中や運動後、夜間の低血糖を防止できるといわれ、運動前にGI値の低い食事をとり、運動中にGI値の高い食事をとることで、糖尿病患者の血糖値を最適化できることもわかっています。

運動前後に5〜10分間、低強度のウォームアップ、ウォームダウンを行い、心血管系、代謝系、筋骨格系を徐々に準備することが大切です。

II型糖尿病患者の場合は、運動誘発性低血糖の危険は少なく、もし食事療法のみでコントロールされているならば、運動前の食事の調節でまかなえるかもしれず、内服薬を内服している場合は、内服の中止もしくは減量、タイミングを変えるなどが必要なことがあります。

II型糖尿病患者は、週に3〜5回、低から中等度の強度の運動を行うことが望ましいとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  2. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  3. 2015-12-18

    夢の中での出来事

    成人の場合、レム睡眠は総睡眠時間のうち約25%を占めます。実は毎晩約2時間も鮮明な夢をみてい…
  4. 2015-5-7

    食事の摂取に関するポイント

    カロリーや栄養バランスを管理することも、体重の増減や生活習慣病などに関わってくるので、食事の習慣とし…
  5. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
ページ上部へ戻る