腰方形筋の特徴

腰方形筋は解剖学上は腹部の筋に分類され、後腹壁に存在します。

発生学的には内外の腹斜筋と同じ斜筋径であるとされ、横突間靭帯より腹側の筋として腹部では外側横突起間筋、大小腰筋とともに腹外側筋板から発生します。

胸腰筋膜前層と中間層に包まれ、第12肋骨と腸骨稜の間隔を埋めています。

腹側は横筋筋膜を開始腹膜と接します。

線維はその走行から3つに分けられ、その大部分は、 腸骨稜から第12肋骨に直接走る線維で、腰椎横突起に至る線維は側屈するのに都合よく配置されています。

両側が同時に働くと腰椎を伸展させます。

L5横突起および腸骨起始部は腱膜性となります。

上方腸腰靭帯は腰方形筋の筋膜前方および後方で肥厚したものであり、前方腸腰靭帯とで腰方形筋の起始する谷間を形成します。

このことから、腸腰靭帯の第5腰椎の前方転位を防ぐメカニズムに関わっている可能性があると考えられます。

また、胸腰筋膜の中間層は腰方形筋の後方筋膜が肥厚したものとも、横突起間靭帯の外側への延長、腹横筋腱膜の内側への延長とも、あるいはこれらの複合したものとも考えられていますが、明らかではありません。

用法欠勤の呼吸補助作用として第12肋骨の固定がありますが、横隔膜、腹横筋による腹腔内圧調節を助け、体幹の安定性に関わっていると考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  2. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  3. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  4. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
ページ上部へ戻る