股関節運動と協同筋

股関節制御は、支持基底面内への重心線投射のためには有効な制御方法です。

股関節制御の運動では骨盤を前後左右に移動するため、骨盤を介して上下に並ぶ筋群の協同作用が必要となります。

体幹前屈時は、股関節屈筋と体幹屈筋群、体幹後屈時には股関節伸筋と体幹伸筋群、体幹側屈時には股関節内外転筋と体幹側屈筋群が協同作用します。

このペアの一方に機能不全があれば、他方が影響を受けることになります。

例えば、腰椎椎間板ヘルニアでは股関節屈筋の筋力低下のために腰椎を過剰に屈曲してしまう例が多くみられます。

この場合、前屈動作を股関節屈筋に担わせることにより、腰椎の過屈曲を防止することができます。

同様のことは股関節伸展制限による腰椎過伸展のために腰椎分離症に移行する例や、腹斜筋外側線維の弱化のみられる腸脛靭帯炎などに数多くみられます。

歩行遊脚時における下肢振り出し運動の主動作筋は、腸腰筋と大腿直筋です。

大腿直筋は骨盤と脛骨に付着する筋であるため、筋収縮により膝関節伸展と骨盤前傾が生じます。

このとき下肢を有効に振りだすには、大腿直筋の骨盤前傾モーメントに対抗する骨盤の後傾モーメントが不可欠になります。

でなければ大腿直筋により下肢の振り出しの効果が半減してしまうためです。

このモーメントは腹筋群により供給されます。

これらはいずれも骨盤を介した上下の筋の協同作用です。

腸腰筋筋力低下がある場合、股関節屈曲運動を大腿直筋で代償することがあります。

大腿直筋の走行上、大腿骨頭に寛骨臼蓋への求心力を与えにくいため、股関節を不安定にします。

これは変形性関節症などでみられ、鼠径部痛を引き起こす原因になります。

また、歩行時股関節伸展制限を有し、体幹前屈をしながら蹴りだしをする例は股関節伸展モーメントが大きくなり、伸展位に保持する作用をもつ大殿筋の低下を認めます。

これは単関節‐二関節筋の股関節伸展協同作用となります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-28

    睡眠は大脳を休息させるためにある

    活動と休息のリズムはほとんどの生物にみられる現象である。しかしながら、睡眠は単なる休息ではなく、…
  2. 2017-5-15

    暑熱順化と運動トレーニングの影響

    私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗す…
  3. 2015-6-13

    神経系と知覚伝導路

    上行性伝導路は求心性伝導路ともよばれ、末梢からの刺激を中枢に導く経路の総称です。知覚・味覚・…
  4. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  5. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
ページ上部へ戻る