股関節運動と協同筋

股関節制御は、支持基底面内への重心線投射のためには有効な制御方法です。

股関節制御の運動では骨盤を前後左右に移動するため、骨盤を介して上下に並ぶ筋群の協同作用が必要となります。

体幹前屈時は、股関節屈筋と体幹屈筋群、体幹後屈時には股関節伸筋と体幹伸筋群、体幹側屈時には股関節内外転筋と体幹側屈筋群が協同作用します。

このペアの一方に機能不全があれば、他方が影響を受けることになります。

例えば、腰椎椎間板ヘルニアでは股関節屈筋の筋力低下のために腰椎を過剰に屈曲してしまう例が多くみられます。

この場合、前屈動作を股関節屈筋に担わせることにより、腰椎の過屈曲を防止することができます。

同様のことは股関節伸展制限による腰椎過伸展のために腰椎分離症に移行する例や、腹斜筋外側線維の弱化のみられる腸脛靭帯炎などに数多くみられます。

歩行遊脚時における下肢振り出し運動の主動作筋は、腸腰筋と大腿直筋です。

大腿直筋は骨盤と脛骨に付着する筋であるため、筋収縮により膝関節伸展と骨盤前傾が生じます。

このとき下肢を有効に振りだすには、大腿直筋の骨盤前傾モーメントに対抗する骨盤の後傾モーメントが不可欠になります。

でなければ大腿直筋により下肢の振り出しの効果が半減してしまうためです。

このモーメントは腹筋群により供給されます。

これらはいずれも骨盤を介した上下の筋の協同作用です。

腸腰筋筋力低下がある場合、股関節屈曲運動を大腿直筋で代償することがあります。

大腿直筋の走行上、大腿骨頭に寛骨臼蓋への求心力を与えにくいため、股関節を不安定にします。

これは変形性関節症などでみられ、鼠径部痛を引き起こす原因になります。

また、歩行時股関節伸展制限を有し、体幹前屈をしながら蹴りだしをする例は股関節伸展モーメントが大きくなり、伸展位に保持する作用をもつ大殿筋の低下を認めます。

これは単関節‐二関節筋の股関節伸展協同作用となります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-25

    「善玉」と「悪玉」って?

    以前、コレステロールについて、善も悪もないとお書きしましたが、「善玉」「悪玉」コレステロールとは何な…
  2. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  3. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  4. 2015-10-18

    パフォーマンスストラテジー

    特定のスポーツに向けて、生理学的・心理的なストラテジーが用いられます。パフォーマンスストラテ…
  5. 2016-3-13

    睡眠欲求の2つのプロセス

    睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がか…
ページ上部へ戻る