股関節運動と協同筋

股関節制御は、支持基底面内への重心線投射のためには有効な制御方法です。

股関節制御の運動では骨盤を前後左右に移動するため、骨盤を介して上下に並ぶ筋群の協同作用が必要となります。

体幹前屈時は、股関節屈筋と体幹屈筋群、体幹後屈時には股関節伸筋と体幹伸筋群、体幹側屈時には股関節内外転筋と体幹側屈筋群が協同作用します。

このペアの一方に機能不全があれば、他方が影響を受けることになります。

例えば、腰椎椎間板ヘルニアでは股関節屈筋の筋力低下のために腰椎を過剰に屈曲してしまう例が多くみられます。

この場合、前屈動作を股関節屈筋に担わせることにより、腰椎の過屈曲を防止することができます。

同様のことは股関節伸展制限による腰椎過伸展のために腰椎分離症に移行する例や、腹斜筋外側線維の弱化のみられる腸脛靭帯炎などに数多くみられます。

歩行遊脚時における下肢振り出し運動の主動作筋は、腸腰筋と大腿直筋です。

大腿直筋は骨盤と脛骨に付着する筋であるため、筋収縮により膝関節伸展と骨盤前傾が生じます。

このとき下肢を有効に振りだすには、大腿直筋の骨盤前傾モーメントに対抗する骨盤の後傾モーメントが不可欠になります。

でなければ大腿直筋により下肢の振り出しの効果が半減してしまうためです。

このモーメントは腹筋群により供給されます。

これらはいずれも骨盤を介した上下の筋の協同作用です。

腸腰筋筋力低下がある場合、股関節屈曲運動を大腿直筋で代償することがあります。

大腿直筋の走行上、大腿骨頭に寛骨臼蓋への求心力を与えにくいため、股関節を不安定にします。

これは変形性関節症などでみられ、鼠径部痛を引き起こす原因になります。

また、歩行時股関節伸展制限を有し、体幹前屈をしながら蹴りだしをする例は股関節伸展モーメントが大きくなり、伸展位に保持する作用をもつ大殿筋の低下を認めます。

これは単関節‐二関節筋の股関節伸展協同作用となります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  2. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  4. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  5. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
ページ上部へ戻る