股関節運動と協同筋

股関節制御は、支持基底面内への重心線投射のためには有効な制御方法です。

股関節制御の運動では骨盤を前後左右に移動するため、骨盤を介して上下に並ぶ筋群の協同作用が必要となります。

体幹前屈時は、股関節屈筋と体幹屈筋群、体幹後屈時には股関節伸筋と体幹伸筋群、体幹側屈時には股関節内外転筋と体幹側屈筋群が協同作用します。

このペアの一方に機能不全があれば、他方が影響を受けることになります。

例えば、腰椎椎間板ヘルニアでは股関節屈筋の筋力低下のために腰椎を過剰に屈曲してしまう例が多くみられます。

この場合、前屈動作を股関節屈筋に担わせることにより、腰椎の過屈曲を防止することができます。

同様のことは股関節伸展制限による腰椎過伸展のために腰椎分離症に移行する例や、腹斜筋外側線維の弱化のみられる腸脛靭帯炎などに数多くみられます。

歩行遊脚時における下肢振り出し運動の主動作筋は、腸腰筋と大腿直筋です。

大腿直筋は骨盤と脛骨に付着する筋であるため、筋収縮により膝関節伸展と骨盤前傾が生じます。

このとき下肢を有効に振りだすには、大腿直筋の骨盤前傾モーメントに対抗する骨盤の後傾モーメントが不可欠になります。

でなければ大腿直筋により下肢の振り出しの効果が半減してしまうためです。

このモーメントは腹筋群により供給されます。

これらはいずれも骨盤を介した上下の筋の協同作用です。

腸腰筋筋力低下がある場合、股関節屈曲運動を大腿直筋で代償することがあります。

大腿直筋の走行上、大腿骨頭に寛骨臼蓋への求心力を与えにくいため、股関節を不安定にします。

これは変形性関節症などでみられ、鼠径部痛を引き起こす原因になります。

また、歩行時股関節伸展制限を有し、体幹前屈をしながら蹴りだしをする例は股関節伸展モーメントが大きくなり、伸展位に保持する作用をもつ大殿筋の低下を認めます。

これは単関節‐二関節筋の股関節伸展協同作用となります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  2. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  3. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  4. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  5. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
ページ上部へ戻る