侵害受容性疼痛とは

痛みには痛覚受容器が刺激されて生じる痛みと、痛覚受容器が関与しない痛みがあります。

痛覚受容器に有効に作用して痛みを生じる刺激については、一般に組織を傷害するか、あるいはその可能性をもった侵害刺激となります。

これらの痛みを侵害受容性疼痛とよびます。

痛みを認識するメカニズムは、基本的には2種類あります。

即時性の鋭い痛みは、Aδ線維で、持続する鈍い痛みを脳へ伝えるにはC線維となります。

神経組織は、痛みを受容して認識するまでに3つのニューロンが関与しています。

末梢神経の受容体で痛みを受容して中枢神経組織の膠様質に至る一次性ニューロン、そこから脳組織の視床に至る二次性ニューロン、視床から疼痛認識部位である大脳皮質に至る三次性ニューロンです。

これらの経路でさまざまな複雑な修飾を受け、最終的に大脳皮質知覚領域で痛みを認識することとなります。

痛みがあると、反射的にその局所や全身に反応が生じます。

まず、傷害部から発した痛みの求心性インパルスが、脊髄を介して反射的に遠心性交感神経インパルスを傷害部に送り返すことで血管収縮が起こり、血行が減少し、筋収縮やスパズムが起こります。

そのために、痛みはさらに増強するという悪循環に陥り、これがほかの脊髄分節にも拡大していきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-12

    タバコによるダメージ

    タバコの煙は、粘膜を直接に刺激するだけでなく、唾液に溶けて飲み込まれ、また血液中に吸収されて全身をめ…
  2. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
  3. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  4. 2015-10-22

    原始反射という運動構築の資材

    膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四…
  5. 2016-4-15

    筋収縮による筋の伸張性低下

    上腕二頭筋に筋収縮が生じている際に他動的に肘関節を伸展しようとしても簡単には伸展できないように、筋収…
ページ上部へ戻る