侵害受容性疼痛とは

痛みには痛覚受容器が刺激されて生じる痛みと、痛覚受容器が関与しない痛みがあります。

痛覚受容器に有効に作用して痛みを生じる刺激については、一般に組織を傷害するか、あるいはその可能性をもった侵害刺激となります。

これらの痛みを侵害受容性疼痛とよびます。

痛みを認識するメカニズムは、基本的には2種類あります。

即時性の鋭い痛みは、Aδ線維で、持続する鈍い痛みを脳へ伝えるにはC線維となります。

神経組織は、痛みを受容して認識するまでに3つのニューロンが関与しています。

末梢神経の受容体で痛みを受容して中枢神経組織の膠様質に至る一次性ニューロン、そこから脳組織の視床に至る二次性ニューロン、視床から疼痛認識部位である大脳皮質に至る三次性ニューロンです。

これらの経路でさまざまな複雑な修飾を受け、最終的に大脳皮質知覚領域で痛みを認識することとなります。

痛みがあると、反射的にその局所や全身に反応が生じます。

まず、傷害部から発した痛みの求心性インパルスが、脊髄を介して反射的に遠心性交感神経インパルスを傷害部に送り返すことで血管収縮が起こり、血行が減少し、筋収縮やスパズムが起こります。

そのために、痛みはさらに増強するという悪循環に陥り、これがほかの脊髄分節にも拡大していきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  3. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  4. 2017-1-21

    有酸素的運動

    有酸素的運動と筋線維タイプ脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢…
  5. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
ページ上部へ戻る