運動のイメージと学習

表象は感覚モダリティー別に記憶されていますが、人間をそれを統合して想起できます。

それをイメージとよびます。

人間は、あらゆる対象に対してイメージをもっていますが、自分自身の身体や運動についても例外ではありません。

前者を身体イメージ、後者を運動イメージとよびます。

運動イメージには、視覚的なイメージ(自分が動いている姿を視覚的に想像すること)と体性感覚的なイメージ(動いているときに自分の身体に生じる感覚を想像すること)があります。

後者をイメージしているときの脳の活動部位が実際の運動を実行する場合とはほとんど同じであることから、運動イメージの本質は後者であると考えられます。

最近の脳科学の発展により、脳や運動器の損傷でそれらのイメージが変質を受け、それがさまざまな運動障害の原因になっている可能性が指摘されています。

また、いくら脳の容量が莫大であっても、無限といえる環境情報を表象として記憶し、これまた無限といえる運動反応のパラメータ(使用する筋の種類、収縮強度、タイミング)をすべて記憶することは不可能でしょう。

したがって、認知過程を通した運動の学習は、運動のスキーマ(図式)の形で記憶されていると考えられています。

これは「過去の経験からAという情報に対してはA’という運動パラメータで反応して成功した。またBという情報に対してB’という運動パラメータで反応して成功した。この関係からすれば、まだ経験したことのないCという情報に対してはA-A’、B-B’の関係と同じような関係性をとってC’という運動パラメータで反応すれば成功するだろう」という情報‐運動‐結果の相関性を図式的に記憶しているという考え方となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  2. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  3. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  4. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  5. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
ページ上部へ戻る