運動のイメージと学習

表象は感覚モダリティー別に記憶されていますが、人間をそれを統合して想起できます。

それをイメージとよびます。

人間は、あらゆる対象に対してイメージをもっていますが、自分自身の身体や運動についても例外ではありません。

前者を身体イメージ、後者を運動イメージとよびます。

運動イメージには、視覚的なイメージ(自分が動いている姿を視覚的に想像すること)と体性感覚的なイメージ(動いているときに自分の身体に生じる感覚を想像すること)があります。

後者をイメージしているときの脳の活動部位が実際の運動を実行する場合とはほとんど同じであることから、運動イメージの本質は後者であると考えられます。

最近の脳科学の発展により、脳や運動器の損傷でそれらのイメージが変質を受け、それがさまざまな運動障害の原因になっている可能性が指摘されています。

また、いくら脳の容量が莫大であっても、無限といえる環境情報を表象として記憶し、これまた無限といえる運動反応のパラメータ(使用する筋の種類、収縮強度、タイミング)をすべて記憶することは不可能でしょう。

したがって、認知過程を通した運動の学習は、運動のスキーマ(図式)の形で記憶されていると考えられています。

これは「過去の経験からAという情報に対してはA’という運動パラメータで反応して成功した。またBという情報に対してB’という運動パラメータで反応して成功した。この関係からすれば、まだ経験したことのないCという情報に対してはA-A’、B-B’の関係と同じような関係性をとってC’という運動パラメータで反応すれば成功するだろう」という情報‐運動‐結果の相関性を図式的に記憶しているという考え方となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-10

    摂食行動異常とは

    最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。…
  2. 2015-8-18

    飢餓や絶食と代謝

    飢餓や減量のための絶食もストレスの一種です。代謝に必要なエネルギーが摂取できなくなると、体内…
  3. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  4. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  5. 2015-1-16

    ブルーベリーは眼に良いか

    PCで作業をしたり、本を読んだりするなどすると、目が疲れてくることがあるかと思います。目…
ページ上部へ戻る