運動のイメージと学習

表象は感覚モダリティー別に記憶されていますが、人間をそれを統合して想起できます。

それをイメージとよびます。

人間は、あらゆる対象に対してイメージをもっていますが、自分自身の身体や運動についても例外ではありません。

前者を身体イメージ、後者を運動イメージとよびます。

運動イメージには、視覚的なイメージ(自分が動いている姿を視覚的に想像すること)と体性感覚的なイメージ(動いているときに自分の身体に生じる感覚を想像すること)があります。

後者をイメージしているときの脳の活動部位が実際の運動を実行する場合とはほとんど同じであることから、運動イメージの本質は後者であると考えられます。

最近の脳科学の発展により、脳や運動器の損傷でそれらのイメージが変質を受け、それがさまざまな運動障害の原因になっている可能性が指摘されています。

また、いくら脳の容量が莫大であっても、無限といえる環境情報を表象として記憶し、これまた無限といえる運動反応のパラメータ(使用する筋の種類、収縮強度、タイミング)をすべて記憶することは不可能でしょう。

したがって、認知過程を通した運動の学習は、運動のスキーマ(図式)の形で記憶されていると考えられています。

これは「過去の経験からAという情報に対してはA’という運動パラメータで反応して成功した。またBという情報に対してB’という運動パラメータで反応して成功した。この関係からすれば、まだ経験したことのないCという情報に対してはA-A’、B-B’の関係と同じような関係性をとってC’という運動パラメータで反応すれば成功するだろう」という情報‐運動‐結果の相関性を図式的に記憶しているという考え方となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  2. 2017-2-8

    筋力トレーニングと生活サイクル

    自分の理想の体を手に入れるため、パフォーマンスを上げるために筋力トレーニングを行いますが、1日のどの…
  3. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  4. 2015-5-7

    体温調節機構

    だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。私たちは、そんな環境の変化にどの…
  5. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
ページ上部へ戻る