感性とは

一般的に、感性とは、物事に対する感受性を意味するもので、明治時代の啓蒙家である西周がsensitivityの訳語として感情と同義語の感性という言葉を当てたのが始まりだとされています。

日本語というものは厄介なもので、sensitivityだけでは感性という言葉の意味を補完するのは難しく、sence, sensibility, feeling, esthetics, emotion, intuitionなどの意味を合わせ持ちます。

感性という概念自体は古くからあり、古代ギリシャ語のaisthesis(さまざまな種類の知覚や感受性を表す言葉)はまさしく日本語の感性と対応するものです。

この感性というものがどこで生み出されているものかというと、これはやはり脳ということになります。

2004年にさまざまなメディアで注目され、学術的報告がなされた症例があります。

脳卒中で倒れたトミー・マクヒューという男性が、倒れて以来、それまで興味のなかった芸術への関心が突発的に現れたというものです。

急激に創作活動が高まり、それ以降の人生は創作活動そのものとなりました。

しかし、意欲が高まったものの、創作技術が劇的に変化したわけではなく、つまり、芸術的才能の変化というより感性の変化と捉えられます。

また、脳損傷によって、見ている対象が何であるかはわかっているのに、その対象から普通に生じてくる感性が持てなくなるという報告もあります。

例えば、綺麗な花をみても病前に感じていたように美しさが感じられない、耳や鼻などの感覚器官を通じた感性には問題はないが、視覚的感性が低下するなどがあります。

さらに、てんかん治療のために側頭葉の部分的切除によって、絵画や音楽、文学などの芸術的な好みが変化したという報告もあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  2. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  3. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
  4. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  5. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
ページ上部へ戻る