アイシングとツール

アイシングは筋肉や関節を冷やすのが目的です。

そのための道具はカラダから熱を奪うエネルギーを持ったものでなければなりません。

最も一般的で、便利なのが氷です。

その他にも冷凍庫で保存するタイプのコールドパックや、常温で保存し、叩くなどの刺激で瞬間的に冷たくなるコールドパックなどもあります。

さらにはスポーツ現場で従来からよく使われてきたコールドスプレー、湿布薬なども広い意味では冷却道具といえます。

しかし、たくさんある冷却道具の中でも一番冷却能力に優れているのは氷です。

その中でも0℃の氷が最も冷却能力が優れています。

0℃の氷とはいわゆる溶けかけた氷のことです。

なぜ0℃こおりが最も冷却能力に優れているのでしょう??

0℃の氷が0℃の水に変わるときには、非常に大きなエネルギーを必要とします。
個体が液体に変わる時のエネルギーを融解熱といいますが、その値は1gあたり約80calにもなります。

これは周囲からそれだけの熱を奪っていることを意味し、氷を当てている部分はその分冷却されることになります。

勘違いしやすいのは、冷たければ冷たいほどよく冷えるわけではなく、マイナスの温度の氷1gが1℃温度を上げるためのエネルギー量は0.5calにしかならず、融解熱はこの160倍にもなるため冷却能力に優れていることがわかります。

温度がマイナスになった氷やコールドパックをつかってアイシングをすると、短時間であっても凍傷を起こす恐れがありますのでできるだけ0℃の氷を使いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  2. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  3. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
  4. 2016-4-15

    筋収縮による筋の伸張性低下

    上腕二頭筋に筋収縮が生じている際に他動的に肘関節を伸展しようとしても簡単には伸展できないように、筋収…
  5. 2015-5-14

    プリン体とは何か?

    アデニンやグアニンはその構造にプリン環と呼ばれる化学構造を持っています。このようなプリン環を持っ…
ページ上部へ戻る