ケトジェニックダイエット

ヒトが活動するためにはエネルギー代謝が不可欠です。

その中でも主なものはブトウ糖など糖質を分解してエネルギーとする糖代謝、脂肪(脂肪酸)を分解してエネルギーとする脂肪代謝があります。

ケトン体はこの脂肪酸が分解されたときに肝臓でつくられ、血液中に排出される代謝産物です。

ケトン体は心筋や、骨格筋、腎臓などさまざまな臓器でエネルギーとして利用されます。

いわゆるケトン体値が高いということは、糖質がないときに脂肪がしっかり代謝され、エネルギーとして活用されているということです。

体内に糖と脂肪の両方があった場合、最初にエネルギーとして使われるのは糖質です。

そのため糖質と脂肪の両方を食べると、ケトン体値はなかなか上昇しません。

脂肪を燃やしてケトン体を出すには、糖質を控える必要があるのです。

糖質を摂らなくなると、脂肪が常にエネルギーとして代謝されるので、食事のタイミングに関わらず、常にケトン体値は高くなる傾向にあるといえます。

しかし糖質制限で誤解されやすいのが炭水化物を制限するということです。

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものをいい、例えば白ご飯でいえば、炭水化物ですがほとんどが糖質です。

一方で、きのこ類も炭水化物ですが、ほとんどが食物繊維です。

糖質制限というと炭水化物を制限する方も多いのですが、制限するものはあくまで糖質だけを控えることがポイントです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-16

    お酢を飲むと体が柔らかくなる・・?

    世の中には、合理的な根拠は欠いているものの、多くの人に信じられている迷信がたくさんあります。…
  2. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  3. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  4. 2015-10-22

    原始反射という運動構築の資材

    膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四…
  5. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
ページ上部へ戻る