ケトジェニックダイエット

ヒトが活動するためにはエネルギー代謝が不可欠です。

その中でも主なものはブトウ糖など糖質を分解してエネルギーとする糖代謝、脂肪(脂肪酸)を分解してエネルギーとする脂肪代謝があります。

ケトン体はこの脂肪酸が分解されたときに肝臓でつくられ、血液中に排出される代謝産物です。

ケトン体は心筋や、骨格筋、腎臓などさまざまな臓器でエネルギーとして利用されます。

いわゆるケトン体値が高いということは、糖質がないときに脂肪がしっかり代謝され、エネルギーとして活用されているということです。

体内に糖と脂肪の両方があった場合、最初にエネルギーとして使われるのは糖質です。

そのため糖質と脂肪の両方を食べると、ケトン体値はなかなか上昇しません。

脂肪を燃やしてケトン体を出すには、糖質を控える必要があるのです。

糖質を摂らなくなると、脂肪が常にエネルギーとして代謝されるので、食事のタイミングに関わらず、常にケトン体値は高くなる傾向にあるといえます。

しかし糖質制限で誤解されやすいのが炭水化物を制限するということです。

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものをいい、例えば白ご飯でいえば、炭水化物ですがほとんどが糖質です。

一方で、きのこ類も炭水化物ですが、ほとんどが食物繊維です。

糖質制限というと炭水化物を制限する方も多いのですが、制限するものはあくまで糖質だけを控えることがポイントです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  2. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  3. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  4. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  5. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
ページ上部へ戻る